Category Archives: Italy&Malta

P1020248

Honeymoon 7日目② ~フィレンツェ散策~

こんにちは!

 

フィレンツェに着いたら、さっそくホテルに荷物を置いて観光のスタートです。

 

実は、この後行くウフィッツィ美術館の予約を直前にしたので
この日の夕方しか取れませんでした。ご予約はお早めに・・・(予約についての詳細は次の記事で!)

 

フィレンツェも、イタリアに来るたびに毎回訪れているのですが
行くレストランなどは全て直前に調べる始末。

P1020122

P1020123

wifを使うのに最適なカフェがここでした!
アイスラテ(カプチーノアイス)も、日本では当たり前でも
ヨーロッパでは珍しい!ということでオーダーしてネット検索。ポチポチ。

 

でも、結局ネットで出てくる情報より、実際に歩いたほうが色々発見できるんですよね
(と言いながら、色々海外の場所を紹介するブログと言う矛盾…)

 

 

Anyway,

今回はドゥオモのすぐそばで新しいお店を発見!
その名も

MAGNUM Firenze

FullSizeRender (14)
マグナムは、ヨーロッパで売られている、チョコがコーティングされたアイスバーです。

 

FullSizeRender (32)
このフィレンツェはマグナムバーの棒で出来ていました!
FullSizeRender (29)
店内がとにかくマグナムだらけでおしゃれ!

FullSizeRender (30)
ライトもチョコっぽい!

こんな店内じゃ・・・

P1020132

FullSizeRender (31)

FullSizeRender (17)

 

少年も踊りだしてしまいます♪

マグナムカフェの詳細はこちらのページで詳しく解説していますので、
良ければご覧ください♪

FullSizeRender (15)

 

そして、この日のディナーは FUOCO MATTO というピザ屋さんで。
ホテルに近かったのですが、Tripadvisorの評価があまりにも良かったので行ってみました。     

P1020248

ここが大正解!!!
こちらのレストランについてはこの記事で♪

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

Italy-ticket-machines

Honeymoon 7日目 ~フィレンツェへ移動~

こんにちは!

 

さて、ローマを満喫した我々は、次の目的地フィレンツェへ移動です。

 

ローマからフィレンツェは、電車(新幹線)で約1時間半で到着します。
この二大観光都市がこの近さなのは、便利ですねぇ。

 

 

移動はほとんどの人が電車移動だと思うのですが(バスツアー客以外)

 

電車の乗り方は超簡単!

 

最も効率がいいのはチケットをオンラインで買うことです。おそらく一番安く購入できます。
オンラインではココから買えます。
チケットを買わなくても、スケジュールやおおよその値段も把握できますので
一度確認しておくと良いかもしれません。
因みにローマ ⇔ フィレンツェ 間は約30分に1本
朝や夕方になると15~30分間隔で運行されています。

 

私たちは、具体的な出発時間を決めていなかったので、駅で直接チケットを買うことにしました。
ここからは、駅でのチケットの購入方法です。

 

まず、駅で券売機を探す。
Italy-ticket-machines
こんなの。ローマのテルミニ駅やフィレンツェのSMN駅なんかではアホほど置いてあるのですぐ見つかります。
クレジットカードでも買えますし、英語表記もあるので安心。

 

未だに、スタッフの所に並んで買っている人も多いのですが、こっちの方が断然早いし
イタリア語がわからなくてもOKなので、券売機がおススメです。

 

しかし、この券売機。イタリア語だと「ようこそ~」みたいな喋り出しなんですが
(ガイダンスが流れるシステムです)

言語を英語に変えた瞬間、

最初の一言が
「スリに気を付けてください!」からスタートする
なんともイタリアらしい券売機。

まぁ駅構内とかはめちゃスリが多いようなので、ね。

 

で、出発地と目的地、乗りたい電車の日時を指定してお金を支払うとチケットが出てくるシステム。
前もって買うこともできるので、出発が朝早い場合や混みあう日時(休日とか?)の
予約をしたい場合は、事前に買っておく方がいいかもしれません。
幸い、テルミニ駅は観光スポットからもそんなに離れていないので、
観光の合間に行くことも可能です。

 

私たちは、夕方にフィレンツェにつけば良かったのですが
ホテルを10時にチェックアウトして、そのまま荷物預けてまた取りに行って…とかをするのが面倒だったので
もうそのままフィレンツェに行こうというプランに。

その場で、値段と空席状況を見ながら、チケットを購入しました。
(時間帯でチケットの値段も変わります)
私たちは一人25ユーロぐらい。

 

そして、チケットを購入したら、そのままプラットフォームへ向かいます。
イタリアでは、「改札」というのは無いので、自由にプラットフォームまで行けます。
その代わり、各プラットフォームの入り口近くにこんな機械があります。
Italy-ticket-validation2
これはチケットに時間を刻印する機械。これを押しておかないとペナルティを取られることがあります。

 

電車の中では、日本の新幹線と同じように、車掌さんが来てチケットを確認するのですが
どうも改札のないこのシステムは、ずるい人が出てきそうだなーと感じます。

 

でもイタリアも変わってきて、今回はフィレンツェ行きのプラットフォームの入口に
スタッフが立って一人ひとりチケットを確認してから通されました。

 

やっぱずるい人が多かったんだろーなー。

 

早く改札つければいいのになー。

 

などと思いながら乗車。

 

車内は綺麗で快適。スーツケース置き場もありますのでゆったりと席で寛げます。

 

 

 

そんなこんなでフィレンツェに到着したのは1時すぎ。

 

 

 

ホテルに荷物を置いて、さっそく散策の開始です。

 

 

 
最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

P1020113

Honeymoon 6日目 ~サンピエトロと夜のローマ~

こんばんは!

FullSizeRender

ヴァチカンの裏辺りにあったグラフィティ(ラクガキ)すごいけど、こんな風にPopeを描いてしまうことにオドロキ!

うだうだ書いてたら、1か月間でまた6日目・・・のんびりしすぎかも。
Anyway, 6日目は少し早目に(と言っても10時前)サンピエトロ大聖堂のリベンジです!!!

 

 

・・・と思って行ったんですが、やはり激混み・・・なんなら前日よりも混んでいたと言う。
しかし、やはり炎天下の中何時間も待つ気力はない。

 

しょうがない、明日の最終日はオープンと同時に(確か7時半ぐらい)に行こう!と
無理そうな目標を掲げたんですが、大聖堂のすぐそばにあったお土産物屋で
サン・ピエトロ大聖堂のツアーを発見!!
ひとり15ユーロで、列をスキップできてオーディオガイドもついてくるツアーです。

IMG_3294 (1)

 

サン・ピエトロ大聖堂自体は無料ですのでこれを高いとみるか安いと見るかは人それぞれでしょうが
私たちは、とにかく「並びたくない、でも見たい」という我儘ぶりなのでモチ参加。
これまでも、毎回サン・ピエトロ大聖堂は行っていましたが、オーディオガイドを使ったのは初めて。

 

これが、すごく良かったです。
サン・ピエトロ大聖堂と言えば、これまでミケランジェロのピエタやベルニーニ、ラファエロの作品、などをパーッと見て終了してたのですが
オーディオガイドは他の像などについても触れていて、これが良かったです。

FullSizeRender (2)

気づけば1時間以上聞いていました。

 

 

そして、昼の暑い時間帯はホテルにこもり、夜になってからディナーへGO

レストランはこの記事でもご紹介しているお店「Zi Gaetana」へ。
8月のイタリアは、バカンスで休業しているレストランも多いのですが
ここは普通にオープンしてて助かりました。

FullSizeRender (1)
Trussardiのコーラ!さすがイタリア!オサレ!

FullSizeRender (3)
店員さんの対応が良かったため、思わず頼んだ前菜。茄子とモッツァレラのミルフィーユ。絶品!

FullSizeRender (7)
パスタはキノコにしました。キノコキノコしていました。

 

ここで、近くの席にいたウェールズから来た親子(60代のお父さんと30代の息子)と
話が合い、盛り上がりました。
このお父さんの方、新婚旅行がローマだったとのこと。そして結婚何十周年かの記念で、
でも奥様は亡くなられたそうなので、代わりに息子さんが連れてきたのだとか。

 

 

 

そんな感じで話が盛り上がったまま退店したら・・・

 

 

 

 

 

ケータイを店に忘れるオチ!

 

 

バカな私!でも店員さんはしっかりキープしてくれていました。助かった・・・。

 

 

 

そして気を取り直して…その後向かったところは・・・

 

 

夜のヴァチカン!!
P1020095
う、美しい・・・

 

ローマの夜は、もっと怖いかなーっと思ってたんですが
この時は、ヴァチカンの広場には警察がいたので、安全でした!

P1020098
そのまま、サンタンジェロ城方面へ行き

P1020113
サンタンジェロ城からの景色。これが今回の旅で一番キレイに撮れました。

 

そして、サンタンジェロ城の隣では、こんな夜店?夜のお祭り?がやっていました。
FullSizeRender (10)

 

ドリンクやフードはもちろん、

FullSizeRender (6)

 

 

本屋やお土産物屋、そして遊び場まで…

FullSizeRender (9)

FullSizeRender (5)
ここでチェスをしているのは小学生ぐらいの子どもたち。めっちゃ真剣。
そしてこの時、時間は夜の12時をまわっていました。

 

地中海の人々は夜に活発になります。
でも、こんなに安全に遊べているのは少し意外でした。
ローマってそんなイメージではなかったので。

 

でも、もしかしたらこれは夏だけかもしれません。
冬はそこまで外で夜遊びしないでしょうし、
人気がないところには行かないように気を付けてくださいね。

 

 

 

そんなこんなで、ローマ最後の夜でした。

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

P1020081

Honeymoon 5日目③ ~ヴァチカン観光③~

こんにちは!

 

ヴァチカン美術館を出ると、次に行かなければいけないのは何と言っても

サン・ピエトロ大聖堂

ですが・・・・

vatican

↑この円形の部分に沿って、数えきれないほどの行列が・・・

 

しかも真夏の炎天下…

 

とてもじゃないけど、並ぶ気力などなかったので、この日は諦めました。
次の日の朝に行こうと決めて(ホテルがちょうどヴァチカンから近かったので、ね)

P1020056

でも、この衛兵さんは見なきゃいけないでしょ。
ミケランジェロデザインのキテレツな衣装を身に纏った、スイス人の衛兵さん達。
いくらピエロのように見えようとも、歴史と伝統のあるこの地で職に就けるのはやはり素晴らしい。
(ほめてんのかけなしてんのかよくわからなくなった)

 

P1020058

そして、サンタンジェロ城を通りすぎ、橋を渡って・・・

P1020063

ナヴォ―ナ広場。

P1020065

ベルニーニの彫刻に感動した後は、ローマに来たら毎回行っているジョリッティ P1020068

P1020067

ジェラートの老舗です。私はシャンパン味と言う大人な味で。さっぱりして美味しい!

P1020076

そしてゴージャスなコンドッティ通りを抜けて

P1020079

 

スペイン広場へ。

 

最後はそこからメトロに乗ってコロッセオへ。

P1020081

 

「取りあえずD君に観せとかなー」的な感覚でさくさくと巡りましたが、
ローマはとにかくどの建物も規模がデカいので感動が薄れがちになります。
そしてこんな場所に実際に来ているんだという感覚も薄れがちになります。

でも感動していないと言うわけじゃなく、感動しすぎてよくわからない感覚と言うか
現実味がないんでしょう。これらの遺跡や建築物、芸術品を実際に目の前にしていると言う
実感がなかなか湧かないのです。すごすぎて。

 

4回来てもそうなので、きっと何度行ってもそうなんでしょう。

 

思い起こせば、ロンドンだって6年も住んだのに、
毎日ビッグベンを見ることに、現実味がずっとなかったな。
慣れないと言うか、いい意味で。

 

だからこそ、きっとこれからもずっと、何度でも訪れたくなるのでしょう。
私にとってヨーロッパはそういうところです。

 

こんな感じで日が高いうちに、さっさと周ったローマ観光ですが
真夏のローマは石畳に照り付ける日差しも相まってとにかく暑い!
ので、この後はホテルで一休み(昼寝)。そして夜にまた繰り出す、という方法にしました。

 

 

ちなみに、ローマでのおススメレストランは、こちらで記事にしております。生パスタに感動し、日本のパスタが食べられなくなった運命的なレストランの数々です。是非ご覧ください :)

ローマ&ヴァチカン観光に便利な「生パスタ」が自慢のレストラン

P1020061

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

P1010952

Honeymoon 5日目② ~ヴァチカン観光②~

こんにちは!ヴァチカン美術館の続きです。

ヴァチカンは超有名なラファエロだミケランジェロだ以外にも
素晴らしいものが沢山。

マリア像。中世っぽいこの感じ。いいねぇ。
P1010938

昔はこのルネサンスより前です的な色合いはあまり好きではなかったのですが
最近はこういうのもいいなと思うようになってきました。
P1010945

 

 

D君がクリスチャンだっていうこともあって
P1010940

今までよりこういったものも興味深く観ることが出来ました。
P1010942

これは前の記事にも書いた地図の間
ここは天井も圧巻です。
P1010932

これ、絵がかわいらしくておもわずパチリ。
P1010944

そしていよいよ…
P1010955

ラファエロの間です。

実は一度ここを通りすぎ、出口に行ってしまったために
システィーナ礼拝堂も見てからまた入口に戻り、
結果美術館を2周し、2週目でたどり着きました。
この美術館、一方通行やし私ここ4回目やねんけど
初めて迷いました。

 

そしてやっと見られた傑作。
P1010952

美術館のチケットに印刷されてるこのアテナイの学堂は
やはりこの美術館群の中で一番人気。
その向かいがこの聖体の論議なのですが
みんなここに背を向けて、アテナイの学堂を写真で撮りまくる。
P1010951

これ、実はアジア人の特徴で、D君も目を丸くしてました。

ヨーロッパの人はどっちが有名かどうかに関わらず
じっくりと鑑賞する傾向があります。

 

 

そしてボルゴ火災の間。ここも有名。躍動感が違います。
P1010953

 

というか、ここはシスティーナ礼拝堂の
ミケランジェロ作、最後の審判以外は写真がOK。
太っ腹です。でも、やっぱり写真で見るのと実際に見るのとでは
まったく違います。
でもやっぱり写真に撮りたくなるんですよね♪
そして最後はミケランジェロ設計によるらせん階段(いや、スロープ)を
下って終わります。
P1010958

P1010959

この彫刻を改めてみて、すごいなーと感嘆。

 

今回は彫刻に始まり、彫刻に終わったような美術館観光でした。

 

所要時間は・・・3時間!疲れた!まぁ2周したしね。
それでも、全部はじっくりと見きれていません。すごいところだ。ヴァチカン。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

FullSizeRender (16)

Honeymoon 5日目 ~ヴァチカン観光①~

こんばんは!
シルバーウィークも終わっちゃいましたね!

 

さて、旅行記の続きですが、ローマ2日目。
P1010905

やっぱりここは見ておかないと!のヴァチカンです。
ヴァチカン美術館へは事前予約がマストです。
フィレンツェの美術館などに比べてここは予約が簡単で、チャージなどもほぼ無いので
なぜ未だに予約をせずに炎天下の中並んでいる人々がいたのか不思議・・・

 

皆様も、必ず予約をしてから行ってくださいね。旅行会社などを通さなくても
自分で簡単に予約可能です!
予約はコチラから

ガイドツアー不要な場合はADMISSION TICKETSをクリックして
とんだページのSELECT YOUR TYPE OF TOUR のなかで
VACITAN MUSEUMS AND SISTINE CHAPELを。(もう一つはランチ付きのコース)
その後は指示に従って行けば買えます!で、その予約したチケットのコピーを持って
窓口で魅せるとすぐに入れます。
ヴァチカンは、VATICAN MUSEUMSとSがついている通り
複数の美術館で成り立っています。
今回はD君が初めてということもあり、最初からじっくりと。
FullSizeRender (27)

最初の方は、彫刻品を集めたエリアが続きます。
FullSizeRender (20)

FullSizeRender (21)

中庭からはドゥオモがばっちりみられる穴場スポット!
FullSizeRender (16)

実はすごい彫刻品の数々なのに
殆どの人はスルー。
P1010908

というわけで、かなりじっくりと落ち着いて見られました。
P1010922

P1010918

P1010916

ヴァチカンと言えば、ラファエロの間やシスティーナ礼拝堂がメインなので
最初の方はスルーしがちな人が多く、ガイドツアーでもそうなんですが
じっくり見てみるとやっぱりすごすぎます。

ヨーロッパにいると、こういうものが当たり前のように見えますが
日本で考えるとエライことですよね。

紀元前にこんなものが・・・

 

そして地図の間
克明な地図のタペストリーや地球儀が回廊に飾られています。
地図好きには垂涎の場所。

昔のイタリアと
FullSizeRender (24)

 

今のイタリア
FullSizeRender (26)

 

 

なんじゃこりゃ。
FullSizeRender (25)

 

ということで、メインではないけれど他の街にあれば
完全にエース級の美術館群です。

 

 

まだまだ続きます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

FullSizeRender (6)

Honeymoon 4日目 ~ローマへ移動~

こんにちは!

私たちの旅行、4日目は次の国へ移動です。

次は・・・Italy!イタリアです。私は4度目なんですが
D君にとっては初めて!そして地中海を周るにあたって外せない国なので
再び行ってまいりました!

ニースからローマへの移動は、スペイン系の飛行機で。
私たちの便は夕方の便でしたので、朝から昼過ぎまでは
ニースでのんびり。

 

その中でテンション上がったのがコチラ。
旧市街で見つけたもの

P1010872

100gで2.7ユーロの、量り売りフローズンヨーグルト。
ロンドンでも大人気のフローズンヨーグルト、ニースでも人気でした!

P1010871

ビュッフェとか量り売りとか大好きな我々。折角なので試してみることに。
ソフトクリームの機械と同じやつ。味はプレーンやイチゴ、パイナップルや
マンゴーなど何種類もありました。

P1010870

 

トッピングもたくさんあります。フレッシュフルーツがあるのが嬉しいですね。
ソースなどもあります。

P1010869

 

そしてこんな感じ。二人合わせて14ユーロ超。(約2000円)たかっ!笑

P1010873

外でこんな風に食べることができます。うん、おいしかったー。

 

そしてその後、ニース空港より無事にローマに到着。
ニース空港は市街地から近くて便利でした。
ローマへは無事には到着したんですが、荷物が出てくるのが遅いこと遅いこと。
いきなりイタリアの洗礼を受けました。でも荷物が出てきさえすれば文句は言いません。

 

そしてローマからは電車でホテルの近くまで。
ホテルはバチカン市国の裏っかわにしましたが、
着いたのが10時ぐらいで、辺りが暗くてなかなかたどり着けず。。。

 

それでも何とか到着し、その後遅い夕食をとってこの日は終了。
荷物が出てくるのが遅いのがイタリア風であれば
レストランのクローズ時間も遅いのがイタリア。

おかげで、時間を気にすることなく近くのレストランで食事が出来ました :)

バチカン周辺は、そりゃもう世界屈指の観光地なだけあって
観光客向けのお店もあるんですが、
バチカンの北~西にかけては、なかなかローカルな感じです。
そんなバチカンから見て西にあるレストランでは、地元のお客さんで
溢れていました。

FullSizeRender (7)

 

D君が頼んだピザ。盛りすぎ!!

FullSizeRender (6)

そして私が頼んだトマトソースのパスタ。
イタリアではスパゲッティが主流ではなく、ソースに合わせて
色々なパスタがあります。これは中にミンチ肉が詰まっていました。
この時すでにもうイタリアの虜になった我々。

 

こんな味音痴の私たち二人が、違いを見抜けるほど
日本やイギリスのパスタと全然違う!!
もっちもちの生パスタが濃厚なトマトソース良く絡んで美味☆
一度味わってしまったらもう、乾燥パスタは食べられません!!
 

そしてその後、24時間オープンのカルフールで買い物。
カルフールはフランス系ですが、結構イタリアに進出していました。
前に来た時は全然見なかったのになーすごい!

 

FullSizeRender (6)

ここで、みんな大好きnutellaのお菓子?軽食?が。
旅行中にもスナックとして食べたり、
お土産にも持ち帰ったりしました。やっぱnutella美味しい!

 

 

そんなこんなで夜が更けていったローマ初日の夜でした。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ