Monthly Archives: April 2015

photo 1 (4)

Maze @Gordon Ramsay

先日の記念日ディナーレストランの話です。

 

予約したのは

Maze @Gordon Ramsay

 

我々二人とも、まったくグルメではありませんし
オシャレな所も全然知らないけれど
せっかくだし…これも経験だし…ということで

行ってみました!

ここに決めた理由は、ズバリ、どこがいいのかわからないし
Gordon Ramsayって有名だし。 それだけ(笑

 

ということで、グルメブログみたいに

いっちょご紹介!

 

場所はBond Streetからすぐ近く、
高級エリアMayfairにあります。

 

同じ店の中には、GRILL と SUSHI BARがありました。
入店し、コートを預け席へ案内されます。
メニューは毎日変わりそうな、A4紙1枚のシンプルなもの。

どの料理もそれぞれ15ポンド程度。

驚いたのは、前菜もメインも同じような価格帯です。
これらは全て、やや少なめの量なので皆さんいくつかオーダーするようです。

そしてドリンクオーダーはiPodのワインリストでした!

せっかくなので(こればっかり)
シャンパンを頼んでかんぱーい!

 

前菜が来るまでの間、このクラッカーをつまみつつ。

photo 1 (2)

コチラが前菜

photo 4 (2)

 

イングリッシュアスパラガスこれは彼がオーダー

photo 5 (2)

 

私が頼んだ牛のタタキ。タタキってこんなにオシャレになるんだー。
紫蘇の葉・ポン酢などなど日本の素材でできています。

 

photo 3 (2)

 

そしてもういっちょ、こちらは二人でシェアしたフォアグラの前菜。
一緒についてきた洋ナシとの相性が抜群でした。

 

そしてメイン

photo 1 (3)

 

 

D君が頼んだビーフ。Bone marrowとスモークされたお肉が
最高だったようです。

photo 2 (3)

私はダックに挑戦。とろけるような食感と、付け合わせのキノコも最高!

そしてお待ちかねのデザート!
通常のレストランでは、メインを食べた頃にはお腹いっぱいで
デザートが食べられないのですが、mazeのメインは
量が少なめ、値段も安めなので、無事にデザートにたどり着きました。

 

photo 2 (4)

D君が頼んだイチゴのデザート。なにやら色々な食材が入り、
とにかくめちゃくちゃ美味しかったそうです。
ちなみにこちらは先月スタートしたばかりの新商品。

 

私はレモンのデザートをオーダーしたのですが
なんとこんなものが…

photo 5 (3)

 

こんなのがくると

photo 4 (3)

はい、遊んでしまいますね。

 

photo 3 (3)

 

デザートはコチラ。レモンのメランゲパイ。
レモンタルトの上にベリーソルベがのり、その上に
メランゲをのせたものです。酸味と甘みのバランスが最適!

 

と、デザートを堪能していたら

photo 1 (4)

こちらがサービスで頂いたアニバーサリーのお祝いプレート!
そうなんです、ここのレストラン、店員さんのサービスが
本当によく行き届いていました!また来たくなりますね。

photo 3 (4)

最後はサービスのマドレーヌを頬張って
photo 4 (4)

満喫したアニバーサリーディナーでした!

https://instagram.com/p/1rP-KLEayN/

マクドナルドやKFCでも喜べるお子様舌の我々なので
かなりテンパってしまったうえに
「うん、おいしい」ぐらいのコメントしか言えませんでしたが
またちょくちょくこういったレストランに足を運んでみるのも
いいかな、と、今更になってわかった2人です。

ロンドンで過ごすのもあと少し。
今更になってですが、ロンドンで体験できることを
たくさん味わっていこうと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

1st Wedding Anniversary

こんにちは!

私事ですが、先日無事に

結婚1周年

 

をむかえました :)

 

ささやかながら、プレゼントを渡しあい…
photo 3 (1)

私は、1年目は「紙婚式」というらしいことから結婚式のアルバムを。
昨年、ノルウェー・イギリス・日本と結行脚をしましたのでそれをまとめました。
他には手作りケーキとチョコレートなど。
手作りケーキはまるで1歳の赤ちゃんの誕生日ケーキのような
子どもっぽいものになってしまいましたが(汗

D君からは、アクセサリーと、うどん!

うちのフラットの下にあるテスコで売られていたうどんが販売終了してしまい
日本人が住んでいるエリアから離れたところに住んでいるため、日本食材店も遠く
大好きなうどんが買えなーいと、呟いていたのを覚えてくれていました。

大したことはしませんでしたが、少しオシャレしてご飯を食べに行きました。
私たちの中では今までで一番高いレストランだったかも!

photo 1 (4)
そこでもお祝いしてもらいましたので、またその様子を別記事でお伝えします!

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

book review ; LINGO

Lingo: A Language Spotter's Guide to Europe
Profile Books (2014-11-06)

先日、私が日本語を教えているイギリス人の方に紹介してもらったのが
このLINGOという本。

ヨーロッパの言語に限りますが、様々な言語についての由来とか
面白いtipなどが満載でした。

例えば、

ロシアはあんなに広大なのに、西の端と東の端とではほぼ同じ言語を話す
(=方言がほとんどない)のに
スロベニア(イタリアの隣にある小さな国)では、
何十個もの方言があってお互いが理解できないほどである とか。

フランス語とは、お母さん(=ラテン語)のスカートのすそを引っ張って
お母さんの後ろに隠れている子供のようなもの だとか

親離れが出来ていない=ラテン語の名残を最も残している ということ。

スペイン人が、マシンガンのようにひっきりなしに話すのは
スペイン人の性格のせいではなくて、スペイン語自体のせいだとか

なかなか面白い考察で書かれています。

見ていると、やはりラテン語由来の言葉よりも
スラブ系の言語の方がよっぽど難しそうです。

東欧の言葉なんかできたら尊敬ものですね。

こうやって考えると英語ってつくづく簡単でロジカルなはずなんですね。

それなのに出来ない日本人!

私も5年以上イギリスに住んでいても、まだ

「私英語話せます」なんてドヤれないです。というか、私の性格では
ドヤれる日は来ない気もする…来なくてもいいけど、
やはりもっともっと英語は上達したいです。

そんなこんなで、英語バージョンですが、言語学に興味のある方にはお勧めの一冊です!

こちらもおススメ!GWに海外旅行に行くなら是非!

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

London Zoo 2

こんばんは!

London Zoo

の続きです!

 

今回の目玉はLemursです。

Lemursは日本語では「キツネザル」というのですが
サルではないらしい、不思議な動物です。
彼らはマダガスカルに多く住んでいます。

 

実は以前、私はD君との間でこのLemursについて議論したことがあり
その内容も彼らがサルの仲間かどうかで。
私は日本語の名前を信じ、サルの仲間と思っていました。
でもD君は絶対に違うと。
それを確かめるために、私たちの、まだ行っていないハネムーンを
マダガスカルにしようかという案まで出たほど。
幸いにも、ここLondonでお目にかかることが出来ました。

photo 4 (3)

このLemursのショーは、このようにLemursのごはんシーンを見れて
お兄さんが説明をしてくれるもの。
そこではっきりと「サルではありません」と言われてしまいました。

じゃあややこしくない?日本語の名前?!

photo 1 (3)

Anyway, そんなLemursを見るのはネットで覆われたLemursの小屋に人間が入っていくスタイルで
見ることができました。こんなに近づいてもおとなしく、人に慣れたLemurs達です。
こんな、誰もがLemursに触れそうな距離感ってすごいなーと思いました。

次は、キリンたちです。
ショーの名称はズバリHigh Tea
なんともイギリスらしいです。
photo 2 (2)

こちらも、ネットなどが少なく迫力抜群!

そして水辺のエリアに行きましたが、ここではカワウソたちがお昼寝中。
こんなにまとまって眠るんですね。かわいい!
photo 3 (2)

そして園内の人気者、ペンギンのショーも観れました。
かなり従順なペンギンさん達。やっぱり癒されます。
photo 1 (2)

そしてそしてここにはミニ水族館もあります。
普段では見れないような魚がいっぱい。やはり美しい熱帯魚が多かったです。

ドリー
photo 5 (1)

ニモ
photo 4 (1)

と、気づけば27ポンドもそんなに高すぎないんでは?と思えるぐらい
丸一日満喫しました :)

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

London Zoo その1

こんにちは!

さて、先日はLondon Zooに行った我々ですが
平日にもかかわらず大盛況!まぁまだ春休みでしたし。

でも、もしかしてユダヤ系の人たちの休みの日と
被ったのか?(イースター後だから?)
ジューイッシュがめちゃくちゃ多かったです。

Golders Greenに行く機会もめっきり減って
ジューイッシュを見ることも少なかったので
なんか懐かしい感じでした。

そんなLondon Zoo、入場料はなんと27ポンド
日本円で5000円ぐらい・・・

動物園ってそんな高かったっけ?!と思うぐらいでしたが、
ここまで来てケチって引き返すわけにも…ということで入ってみました。

photo 2 (4)
こんな可愛いポストも。でもこれ、Donation(寄付)用です。

photo 1 (5)
入ると最初に見えるのは、鳥のコーナーとサルのコーナー
ぶあっと羽を広げるタカ?ワシ?(すでに忘れたけど)
かっこよかったです。

photo 3 (3)
ちょうど桜も満開で春気分満喫★

London Zooでは、動物ショーがひっきりなしに行われていました。
ちょうど私たちが動物園に入った時間に予定されていたのが
Deadly Birds Showだったのでとりあえず見に行くことに

基本的には柵で囲われた芝生の中にスタッフが立ち
トリの解説を行いますが、芝生の外の観客席にもスタッフが。

そして芝生の中のスタッフから外のスタッフへと
鷹が超低空飛行で行き交うのです。
photo 2 (3)
この迫力にはびっくり!すぐ目の前を鷹が飛んできました。
観客席で食べ物禁止な理由も頷けます。

そしてこんな珍しい白いフクロウも。
photo 1 (4)
ハリーポッターの世界みたいです!

他のショーも観ましたが、結局時間つぶしに見ようとした
この鳥のショーが一番すごかったかもしれません!

そしてD君が愛してやまないミーアキャット
photo 4 (2)
この姿勢がなんとも言えません。

周りの喧騒をものともしないリャマなど
photo 4 (4)

まだまだ写真がありますので、続きは次回!

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

Regent’s Park お散歩

 

こんにちは!
最近めっきり春めいてきたロンドン。

普段、Greyでどんよりな毎日を過ごしているので、少し腫れて暖かくなっただけで
世界が生まれ変わったように感じるここロンドンでは

思っていたより早く?春の訪れを楽しんでいます :)

とある平日の日、私もD君も仕事がオフでしたので
どっかいこーという話に。でも我々、まったくロンドン観光とかしないので(5年とかすんでたらまぁそうなりますかね)

D君の口から出たのは、なんと「ナショナルギャラリー」!

観光客がまず行くところ!

D君に至ってはLondon歴10年目なんスけど。

でもま、ゆっくり見る機会もあまりないし、いこうかーと出発したのは良いけど

あまりに天気が良いので、駅ですぐに方向転換。

リージェンツパークに行くことにしました!

photo 5 (5)
走るリス

photo 3 (4)

ん?飾り?と思ってみてみると…
 

photo 4 (5)
カラスが堂々と一番上に乗っかっている!

 

 

photo 4 (6)
お花もきれいに咲き誇り

 

photo 3 (5)
可愛いカフェを横目に…

photo 5 (4)
がっつりごはん!やっぱり花より団子!

photo 1 (6)

photo 2 (5)

 

photo 5
普通のバーガー(失礼)でも、屋外で食べると絶品!

日本にいるときは、そこまで公園でのんびりする事はなかったのですが
ロンドンでは、ただ公園をプラプラ歩くだけで楽しい!
やっぱり緑が多いのと、気軽に足を運べるからですかね。
こんな大都会なのに、ふと見れば緑・緑・緑ですので。。。

ロンドンのパークと言えば、このリージェンツパークの他にも
ハイドパークなどなどありますが、今回ここに来たのは・・・・

London Zoo

が目的です :)

写真が多くなりすぎるので、Zooの様子は次の記事で!

 

 
最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

 

MEEK SPEAK 2冊目出版!

おはようございます!
さてさて、先日

MEEK SPEAKの第2巻が発売されました!

わーぱちぱち!

今回も、超ベーシックだけど知らないと意外と困る!そんな体験をもとに
レストランでのオーダー方法を中心とした内容になっています。

海外のレストランに入ったはいいけど、思い通り注文できなかったという経験はありませんか?
また、頼んだものと違ったものが出てきたり、メニューの説明がよくわからず思い通りのものが食べられなかったことは?

ちなみにうちの両親がイギリスに来たとき
イギリスの定番料理、ソーセージ&マッシュを頼みたかったけれどよくわからず

結果、サラダみたいなものが運ばれてきたという経験をしてはります。

私はこの場にいなかったんですが、想像しただけでも今でも笑える光景ですが
(中年の夫婦が小さなサラダを分け合って食べる図)

実はこれ笑える話ではなく、注文できたことだけでもほめるべきことです。
(といいつつさんざん笑ってるけど)

ソーセージ&マッシュだって、「マッシュポテト」って言うはずだと思って
「マッシュポテト」と連呼しても通じませんからね。

そう考えると、オーダーするのって難しい!

さらに、コーヒーショップやファストフードショップは
実はこれよりもっと難しいってご存知ですか?

だって、手元にメニューがないですし

Well, one cheeseburger set and … と言ったあなたは気を付けて!

この英語、通じませんからーーーーーー残念っ!

そんな方にはぜひ!MEEK SPEAKをおススメです!

もっかいはっとこ

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

Spring’s Supermarket Secrets

 

(タイトル、alliterationですね)

こんにちは!

さて、イギリスはイースターホリデーももう終わってしまいましたがが
日本でも桜が見頃を迎えているようですね!

さて、こないだTVを見ていたらイギリスのスーパー事情に関する
面白い番組がやっていました。コチラ
p01wd1ym
↑MasterchefでおなじみのGreggおじさん

こちらは、イースター前になると
イースターエッグをはじめ、色々なグッズが売り出されるのですが

なんとこのイースター商戦、クリスマスに次いで大きなものなのだとか。
そんなにみんなイースターが好きなのか!

確かに、ホリデーにもなるイベントですしね。

ただ、クリスマスの後は

バレンタインデー

パンケーキデー

母の日(イギリスでは3月)

スプリングクリーニング(大掃除・イギリスでは春にやる)

イースター

と、イベント続きで忙しいんですよね!

でも、これらのおかげで、dullなイギリスの冬を楽しく乗り切れるのかもしれません。

因みに、パンケーキデーは、一年で一番卵が売れる時期なのだとか!
みんなパンケーキ作りすぎ!!w
私も作ったけど!

このように、BBCでは興味深いプログラムがよくやっているのですが、
これって日本でも観れる方法はあるのでしょうかね…
日本に行ってもBBCは見続けたいなー。

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

Easter Sunday

こんにちは!日が変わって月曜日!いかがお過ごしでしょうか?

こちらイギリスは月曜はbank holiday(=ハッピーマンデーみたいなもん)ですが

今まだぎりぎり日曜日ですので、Easter Sundayです。

私たちは去年のイースターに結婚しましたが、イースターって毎年日にちが変わるから
今年のイースターが記念日ってわけではないんですよね。

というわけで、今回はよく行ってるチャーチでbaptismがあったので、
6人の方が洗礼を受けるのを見に行きました。

中には感動しきって泣いている子もいて。

宗教云々について語るつもりはないですが、何かに対して(この子の場合はGod)
強く思え、こころの支えになるものがあるのっていいなと思いました。

そして、うちではささやかながらイースターデコ。

photo 1 (16)

ででん!三位一体! 父と子と聖霊の…のやつです

ジーザスをパンで作るのが今回の目的だったんですが、少しかわいすぎた。

だって、聖書でジーザスさん、「私の身体はパンである」みたいなこと言いますよね?
だから、literally、パンのジーザス!

ついでにGodのマークの入った丸パンとDove(=精霊)を付けて完成!
「ジーザス パン」で検索してもなかなか現れないジーザスパン、これから流行るかも?
(んなこたぁない)

おなじみ、イースターエッグや他のクッキーなども作って
photo 3 (12)

Hedgehogも少しバージョンアップです。
photo 4 (13)

おや…?左端はもしや…

そう、あの「ひよ子」ちゃん
photo 2 (17)

たまたま頂き物があったので、ついでに。
日本代表!イースターひよこということで。

あー、結構忙しいんはずなんですけどね、暇そうですね、私。

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

VISAの話

 

こんにちは!
私のビザについて、少し進捗があったのでそのご報告。

イギリスに住むためのビザは色々ありますが、
私は結婚するまではワークビザ、所謂Tier2というやつでした。
現地採用の枠で、これは会社側がちゃんとしてれば普通にもらえます。
私はその前がYMSで、そこから切り替えるために日本に帰って手続きしましたが
日本は(というか、請負先のフィリピンは)仕事が早く
1週間でパスポートが帰ってくるという。

そしてこちらで結婚してからは、少しstruggleです。
そもそも、うちは相手がイギリス人ではないので所謂「結婚ビザ」ではありません。
そういう人々の多くは、旦那さんの国で「結婚ビザ」にあたるものを取って
それでもってイギリスに入国するようですが

私たちの場合は、彼の母国ではそれが不可能!
というか、私たちがその国に住んでいるorこれから住む ならOKでしょうが
イギリスに居てこれからもイギリスにいるのにビザは出せないというか
そんな前例がないと。

ふむ。

そして調べていくとEEA2 Residence cardというのに行きつきました。
どうやら、公式には「私はビザが要らない」ということ。
信じられない感じですが、何と恐ろしいことに日本大使館もそれについて知らない!

大使館の方に「そんな話を聞いたことがあります」とか曖昧な返事をされ
めっちゃ不安なんですけど、オフィシャルサイトにはしっかり書いてあるんですよね。

You don’t need a residence card to live in the UK,
but it can:
1 help you re-enter the country more quickly and easily if you travel abroad
2 show employers you’re allowed to work in the UK
3 help prove you qualify for certain benefits and services

とのこと。つまり、法的にはこれが無くても住めるんだけど、証明として持っておくといいよーと。

実際、私も日本から帰ってくる時に空港でまさしくこの1番で苦労しました。
このオフィシャルサイトのコピーを持って行ってもあるスタッフが
「そんなはずないわ!私は信じないから!」と言って怒り出し
上司がOKを出したのを聞いて不承不承通してくれたという苦い経験があります。

信じないとか言われてもねぇ。

そんなresidence card。日本から帰ってすぐにアプライしました。11月。
これが届くまでは、海外に出られず、イギリスに缶詰状態の私。
法的には出られるのに、また空港スタッフに上述のような理不尽対応されたら
嫌ですから…。

このresidence cardを得るのに長くて6か月かかるということなのので呑気に待ってたら

つい先日、手紙が届いたーーーーーーー!!!

いえい

そ、いそいそと封を切ると…

紙切れ一枚。

その紙には、

「このアプリケーションを通すのに、○○と▲▲の資料も送ってちょうだい!ciao!」

みたいな文言が。

・・・・4ヶ月間放置してたやろ感半端ないっす。

まぁとにかく、4ヶ月も経ちましたが、アプリケーションを通す気はあるようですので
ようやく重い腰を動かしてくれたってことに感謝しましょう。

しかし、日本へ帰ることを考えているので、カードが届くころには
カードが不要になりそうという、いったい何のためなのか良くわからない感じになってきました。

ちゃんちゃん。

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ