Daily Archives: 4th April 2015

VISAの話

 

こんにちは!
私のビザについて、少し進捗があったのでそのご報告。

イギリスに住むためのビザは色々ありますが、
私は結婚するまではワークビザ、所謂Tier2というやつでした。
現地採用の枠で、これは会社側がちゃんとしてれば普通にもらえます。
私はその前がYMSで、そこから切り替えるために日本に帰って手続きしましたが
日本は(というか、請負先のフィリピンは)仕事が早く
1週間でパスポートが帰ってくるという。

そしてこちらで結婚してからは、少しstruggleです。
そもそも、うちは相手がイギリス人ではないので所謂「結婚ビザ」ではありません。
そういう人々の多くは、旦那さんの国で「結婚ビザ」にあたるものを取って
それでもってイギリスに入国するようですが

私たちの場合は、彼の母国ではそれが不可能!
というか、私たちがその国に住んでいるorこれから住む ならOKでしょうが
イギリスに居てこれからもイギリスにいるのにビザは出せないというか
そんな前例がないと。

ふむ。

そして調べていくとEEA2 Residence cardというのに行きつきました。
どうやら、公式には「私はビザが要らない」ということ。
信じられない感じですが、何と恐ろしいことに日本大使館もそれについて知らない!

大使館の方に「そんな話を聞いたことがあります」とか曖昧な返事をされ
めっちゃ不安なんですけど、オフィシャルサイトにはしっかり書いてあるんですよね。

You don’t need a residence card to live in the UK,
but it can:
1 help you re-enter the country more quickly and easily if you travel abroad
2 show employers you’re allowed to work in the UK
3 help prove you qualify for certain benefits and services

とのこと。つまり、法的にはこれが無くても住めるんだけど、証明として持っておくといいよーと。

実際、私も日本から帰ってくる時に空港でまさしくこの1番で苦労しました。
このオフィシャルサイトのコピーを持って行ってもあるスタッフが
「そんなはずないわ!私は信じないから!」と言って怒り出し
上司がOKを出したのを聞いて不承不承通してくれたという苦い経験があります。

信じないとか言われてもねぇ。

そんなresidence card。日本から帰ってすぐにアプライしました。11月。
これが届くまでは、海外に出られず、イギリスに缶詰状態の私。
法的には出られるのに、また空港スタッフに上述のような理不尽対応されたら
嫌ですから…。

このresidence cardを得るのに長くて6か月かかるということなのので呑気に待ってたら

つい先日、手紙が届いたーーーーーーー!!!

いえい

そ、いそいそと封を切ると…

紙切れ一枚。

その紙には、

「このアプリケーションを通すのに、○○と▲▲の資料も送ってちょうだい!ciao!」

みたいな文言が。

・・・・4ヶ月間放置してたやろ感半端ないっす。

まぁとにかく、4ヶ月も経ちましたが、アプリケーションを通す気はあるようですので
ようやく重い腰を動かしてくれたってことに感謝しましょう。

しかし、日本へ帰ることを考えているので、カードが届くころには
カードが不要になりそうという、いったい何のためなのか良くわからない感じになってきました。

ちゃんちゃん。

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ