Monthly Archives: July 2015

引っ越しの準備~フラット解約~

こんにちは!

さて、我々は日本への本帰国まで1か月を切りました。

そこで先日、フラットの解約の手続きをしました。
ロンドンのフラット契約は、大家さんと個人的に(直接)やり取りをするところもあれば
間にエージェントを介すところも。

ただ、シェアじゃなくフラットを丸々借りる場合は
エージェントが入るところが多いです。

 

私たちもそう。エージェントに連絡しました。

 

そもそも、もっと長く借りるつもりでいたので
解約料も発生したんですが、まぁ仕方ないです。

 

更に、次の借り手が見つからなければ
見つかるまでの間、賃料を払わなければいけないと言う…

 

で、ドキドキしましたが

 

 

 

あっさり次の借り手が決まりました!!!

 

見学に来た最初の人たちが即決してくれました。

 

次に入るのは、イタリアorスペイン人の女の子3人。シェアするようです。
うち、2ベッドルームフラットなんですが…
多分メイン寝室に2人で寝るのかなー?

実際、ロンドンは本当に家賃が高いので、シェアじゃないとなかなか住めないのが事実。

 

とにもかくにも、すぐに決まってよかったです。

私たちの部屋はこんな感じ(引っ越す前に見納めとして貼っておきます)
IMG_0690

 

IMG_0688

もちろん、荷物等で少し変わっていますので
出ていくときにこの状態に戻さないと・・・。

こちらの家具は全て備え付けなので、その辺は引っ越し作業が楽になりそうです。
とは言え6年分の荷物…D君に至っては10年分…大丈夫かな。

 

 

次は引っ越し業者の選別です。
あのネコのところにメールで問い合わせしてみたんですが
なかなか返事が来ないので、○通さんに変えようか悩み中です。
日系は3つほどあるらしいのですが、どれがいいのか悩みます・・・。

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

download

Recentlyとthese daysの違い

おはようございます。

 

さて、今回も英語表現について。

こないだ、ふと気になって調べてみました。

“recently”と”these days”の違い

 

日本語では、どちらも「最近は」「近頃は」などと訳されます。
日本語ベースでみると「一緒やん!」となるのが、和訳の難しい所。
因みにこれを日本語で調べてみたら、

 

recentlyは過去形・現在完了形
these daysは現在形 で使いましょう!

 

と、ありました。

 

しかしこれではわからん!何故なんだ!

 

そして英語版で見てみると
recentlyは「現在を含む過去」にフォーカスしていて
「未来に関してはまったくフォーカスしていない」のに対し
these daysは「現在を含む過去、そして未来にまでフォーカスしている」という違いということです。

例えば
Recently, I’ve found a nice burger shop. (最近、いいバーガー屋さんをみつけたんだよね。)

Recently, I saw the movie Star Wars for the first time. It was really good.
(最近、初めてスターウォーズを見たよ。めっちゃよかったよ。)

に対し

I don’t eat much these days. I’m trying to lose weight.
(最近あんまり食べていないんだよ。体重を減らそうと思って。)

I’m studying English very hard these days. I want to get a high score on the TOEIC test.
(最近英語を一生懸命勉強してるんだ。TOEICでいいスコアがとりたくて。)

つまり、単純に時制の問題ではなく
recentlyは、過去~現在に至るまでに行った(行っている)ことについて述べ、
未来のことについてはまったく含まれていないのに対し
(上の例で言うと、found, sawという行為自体が既に終わっていること=過去 なので、
未来に影響がない)

these daysは過去~現在、そして未来までを含めて話しているスタンスです。
(上の例で言うと、過去も今も、そしてこの先も食べないようにする、英語を勉強し続けるという
意思が含まれている)

だから使われる動詞自体がそもそも違うのです。

そのためrecentlyは、過去~現在 を表す現在完了・現在完了進行形・過去形 が用いられ
these daysは現在進行形・現在形が使用されると言うことです。

うーん、わかりやすい。

そこまで深く考えて使ったことが無かったこの2語ですが
英語では往々にして、このような考え方をします。
時間軸の捉え方が日本語と違うと言うか。
それ故「完了形」というのがあるんですけどね。

これらを掴めるか掴めないかで、英語の時制を
マスターできるかどうかがかかっていると思います。

それではまた!

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

Wimbledon 2015

おはようございます!

コチラでは大盛り上がりのWimbledonですが
日本では、どうでしょうか?

 

錦織君が棄権したと言うことで、盛り下がったのでしょうか?

 

私は本日のナダル戦を見てかなり感動しましたので
ちょっとWimbledonのニュースなどに絡めて少し英語表現を。

まずは、錦織君の2nd round前のインタビューから。

怪我のために2nd roundで棄権ということです。
錦織君の英語は、ゆっくり話してくれていますし
内容も(棄権することとその理由、気持ち)と既に分かっていますので
こういうビデオ(ゆっくり+内容を知っているもの)はとてもリスニング練習にいいと思います。

錦織君の英語は、とてもベーシックな単語を使ったもので、文字に起こしてみると
みんな知っているものですが、それが咄嗟に出てくるか、そして
おどおどせずに自信を持って話すことで、印象が全く違いますね。

因みに

「棄権」=walkover

と言います。

 

 

そして今日は、何と言ってもナダル戦!

私はどうもナダルは敵と思ってしまうので、ナダルには申し訳ないと思いつつも
ナダルの相手をいつも応援してしまうところがあるのですが

今回は、大波乱だったので私だけでなく
会場にいたほとんどの人が、ナダルの相手を応援していたように見えました。

その相手は… ドイツのDustin Brown選手。

ドイツと言ってもoriginはジャマイカの、黒人選手。
スリムな体型と、長ーーーーいドレッドヘアが
なんともcool!

official websiteでも the coolest hairとか言われてました。

そのDustin選手、サーブは速くてエースが決まりまくるわ、
前半から果敢に攻めてボレー攻撃も決まりまくるわで

あのナダルにパワーで圧勝していました。

だって、世界ランク100位以下なんですよ!すごいーーー!!!そんな風には見えなかった!

 

まさに大金星!

official websiteでも

Time there was when Wimbledon was a place of joy for Rafael Nadal, with two titles in 2008 and 2010.
But latterly SW19’s lawns have become an utter nightmare for him.

2008年と2010年の勝者、ナダルにとって最新のSW19の芝は悪夢となった。 と書かれています。

このSW19というのは、wimbledonのpostcode(郵便番号)です。
ロンドンの郵便番号はわかりやすくて、WimbledonはSouthWestにあるからSW。
番号は内から外へと増えていくイメージですが。
例えばChelsea areaはSW3/SW5、セントラルはECやWCとCentralの(C)マークがついていたりと
postcodeを見れば大体位置がわかる優れものです。

ウチ?ウチは…SEです。

 

Anyway,英語では「同じ表現の繰り返しを好まない」という性質がありますので
このように言うわけです。

因みに、錦織君のニュースに戻ると
錦織君は The Japanese star / The 25-year-old などと書かれます。

 

さて、明日からもますます目が離せないWimbledon!
ぜひこのDustin選手にも注目してください!
山王を倒した後の湘北のようにならないといいけど・・・

 

 
最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ