Daily Archives: 9th July 2015

tube strike 地下鉄ストライキ

こんばんは!

本日、ロンドンでは地下鉄がストライキをおこし
めちゃめちゃカオスなことになっています。(参照記事はコチラ

 

tubeのストライキは、常々やると言われつつ実際には起こらなかったりしましたが
今回はついに実現してしまいました・・・

 

しかもこのWimbledonが開催されている時期に・・・

 

ストライキはロンドンの水曜日18:30頃から木曜日は終日。
そのため、Wimbledon観戦者は、Andy Murrayの試合の途中で岐路に着かなければ
いけなかったようです。

もっとも、今回はtube意外のnational rail, overground, DLR, そしてbusは運行しています。
寧ろ、tubeの穴を埋めるようにバスなどは本数を増やして運行されています。

 

しかし、tubeが無くなると…
東京でいうと、メトロや都営地下鉄だけでなく、JR線もストップしましたー
大阪でいうと、市営地下鉄だけでなく、JRも阪急も止まりましたー
ぐらいの影響力です。

今日のロンドン市内はこんなことに・・・

Tube_strike_queues_3369453b
バス停が人で埋もれそうなほど・・・

People queue for buses at Stratford station, London, as commuters face travel misery trying to get to work because of a strike which has brought London Underground to a standstill. PRESS ASSOCIATION Photo. Picture date: Thursday July 9, 2015. Thousands of workers launched a 24-hour walkout last night which will disrupt services until Friday morning. See PA story INDUSTRY Tube. Photo credit should read: Stefan Rousseau/PA Wire
バスに群がる人々

strike-clapham_3369478b
National railの核になる大きな駅Clapham Junctionも大変なことに。

そして、更に代用品は、通称Boris bike
Borisさんはロンドン市長さんで、彼の案で始まったレンタル自転車です。
今回は数を増やして市内各所に置かれています。
Santander_bikes_3369908c

strike-bus_3369813b
仕事に向かう人々@Waterloo

こんなに多くの人の足に影響を与える
大変なこと、よーやるなー というのが印象ですが
こうしてでも訴える雇用者の強さも感じたり。日本では絶対に無理ですよね。

 

私は、水曜の帰りに違うルートを取って帰らなければいけませんでしたが
木曜日はもともと休みなので、あまり影響を受けずにのんびりしています。

会社では、休める人は休んで、カオスに巻き込まれないようにしているようですが
ウチは、DLRとNational railがありますので、D君は普通に仕事に行けました。
(本当は便乗して休みたかったようですが 笑)

 

しかしここで不思議なことが・・・

 

ロンドンの地下鉄は世界一料金が高い地下鉄としても有名です。
年々その料金は上がっていき、今ではZone1内でも£2.30 =約430円!

そんなに料金を取っていながらも、職員たちには十分な給料が渡っていないのか…?

そこで記事にあった、地下鉄運転手の給料を見てみると…

 

 

 

£49,673=約930万円

 

 

 

めっちゃもらっとるやないかーい  

 

この給料を5-6万ポンドにしたいんだとか。

 

まじで?!

これって、日本よりイギリスの方が基本的に賃金が高いと言えど
イギリス人の平均賃金の2倍ぐらいあります。

 

 

うーん、さっきまで肯定的とは言えないまでも
中立的な感じでこのストライキを捉えていましたが
一気に嫌悪感です。。。

私はそこまで影響を受けてないのであまり文句も言えませんが
今日、大変な思いをした人々はもっと怒ってもいいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

前置詞の面白さ ~In the morning とAt night~

P1010427
↑今キャンペーン中のポップコーン模様のバス。可愛い。

 

こんにちは!

今日も英語表現についてですが
私の

大嫌い

前置詞

についてです。

 

前置詞は英語ではprepositionと呼ばれ、position(位置)のpre(前)という意味から
物事の場所を表す役割をしている語です。

で、それがわかりやすいもの

on the tableとか
in the roomとかなら良いんですが

 

be fond of は ofなのに、何故
succeed in はinなのかとか

 

受験生を苦しめるのがこれら前置詞です。

 

もちろん、それぞれに理由はあるはずなのですが、
全部はお伝えできません(し、知りません。勉強不足です)

 

まずは、その中でも最も
当たり前に使われていながらも、よくよく考えてみると「何故?」なやつ。
In the morning

In the afternoon

In the evening

なのに

At night

 

Why English people???

となりますよね。これらはたいてい中1で習い、

あまり深く考えずに覚えてきましたが、何故?と考えると結構難しい。

 

 

その理由は・・・

 

【In】 【On】 【At】 はそれぞれ時間を表すことが出来る前置詞ですが
これらは、その表す時間の幅が違います。

【At】<【On】<【In】 の順で時間の幅が広くなっていきます。

At 9 o’clock

On the 5th of May

In July

などのように、幅が変わりますね。これは納得。

 

では

In the morning   午前

In the afternoon 午後

In the evening 晩

は In the ~なのに、何故夜だけ

At night?

夜って結構長いよね?At で表せるような短い時間じゃなくない?
Atって針で刺したような、ポイント!細かい点!ってイメージなんですけど。

 

その理由は・・・

 

 

夜ってみんな寝てるだけやん?

 

ということ(!)

 

なにそれ!

 

【In】【On】【At】は、時間の幅に違いがありますが

何時間ならIn…という考え方ではないようです。

In the morning, In the afternoon, In the eveningはそれぞれ
人が活動している時間ですね。そうであれば朝は起きてご飯食べて片づけて
洗濯して部屋の掃除をして…などと同じ午前中に色々な活動が入ります。
そんな、色々な活動が入る時間帯のため幅が広く考えられてInが使用され
夜は「寝る」という行動一つで終わる時間帯ですのでAtなんだとか。

 

 

ほー。

 

では、In the nightは間違いなのか?と言うと、

 

間違いではありません!

 

ただ、In the nightと言うとAt nightと意味が変わってしまい

ある夜のある限られた時間の事

夜に、隣の家の犬が吠えているのが聞こえた
I heard the dog next door barking in the night. みたいに

その夜の「一部分」のことを表します。
また、これは少しpoetic(詩的)な表現でもあるようですので
一般的にはat nightが良いのではないでしょうか。

 

こうやってよくよく見ていくと英語って面白いですね。

 
最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ