Monthly Archives: September 2015

P1020081

Honeymoon 5日目③ ~ヴァチカン観光③~

こんにちは!

 

ヴァチカン美術館を出ると、次に行かなければいけないのは何と言っても

サン・ピエトロ大聖堂

ですが・・・・

vatican

↑この円形の部分に沿って、数えきれないほどの行列が・・・

 

しかも真夏の炎天下…

 

とてもじゃないけど、並ぶ気力などなかったので、この日は諦めました。
次の日の朝に行こうと決めて(ホテルがちょうどヴァチカンから近かったので、ね)

P1020056

でも、この衛兵さんは見なきゃいけないでしょ。
ミケランジェロデザインのキテレツな衣装を身に纏った、スイス人の衛兵さん達。
いくらピエロのように見えようとも、歴史と伝統のあるこの地で職に就けるのはやはり素晴らしい。
(ほめてんのかけなしてんのかよくわからなくなった)

 

P1020058

そして、サンタンジェロ城を通りすぎ、橋を渡って・・・

P1020063

ナヴォ―ナ広場。

P1020065

ベルニーニの彫刻に感動した後は、ローマに来たら毎回行っているジョリッティ P1020068

P1020067

ジェラートの老舗です。私はシャンパン味と言う大人な味で。さっぱりして美味しい!

P1020076

そしてゴージャスなコンドッティ通りを抜けて

P1020079

 

スペイン広場へ。

 

最後はそこからメトロに乗ってコロッセオへ。

P1020081

 

「取りあえずD君に観せとかなー」的な感覚でさくさくと巡りましたが、
ローマはとにかくどの建物も規模がデカいので感動が薄れがちになります。
そしてこんな場所に実際に来ているんだという感覚も薄れがちになります。

でも感動していないと言うわけじゃなく、感動しすぎてよくわからない感覚と言うか
現実味がないんでしょう。これらの遺跡や建築物、芸術品を実際に目の前にしていると言う
実感がなかなか湧かないのです。すごすぎて。

 

4回来てもそうなので、きっと何度行ってもそうなんでしょう。

 

思い起こせば、ロンドンだって6年も住んだのに、
毎日ビッグベンを見ることに、現実味がずっとなかったな。
慣れないと言うか、いい意味で。

 

だからこそ、きっとこれからもずっと、何度でも訪れたくなるのでしょう。
私にとってヨーロッパはそういうところです。

 

こんな感じで日が高いうちに、さっさと周ったローマ観光ですが
真夏のローマは石畳に照り付ける日差しも相まってとにかく暑い!
ので、この後はホテルで一休み(昼寝)。そして夜にまた繰り出す、という方法にしました。

 

 

ちなみに、ローマでのおススメレストランは、こちらで記事にしております。生パスタに感動し、日本のパスタが食べられなくなった運命的なレストランの数々です。是非ご覧ください :)

ローマ&ヴァチカン観光に便利な「生パスタ」が自慢のレストラン

P1020061

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

P1010952

Honeymoon 5日目② ~ヴァチカン観光②~

こんにちは!ヴァチカン美術館の続きです。

ヴァチカンは超有名なラファエロだミケランジェロだ以外にも
素晴らしいものが沢山。

マリア像。中世っぽいこの感じ。いいねぇ。
P1010938

昔はこのルネサンスより前です的な色合いはあまり好きではなかったのですが
最近はこういうのもいいなと思うようになってきました。
P1010945

 

 

D君がクリスチャンだっていうこともあって
P1010940

今までよりこういったものも興味深く観ることが出来ました。
P1010942

これは前の記事にも書いた地図の間
ここは天井も圧巻です。
P1010932

これ、絵がかわいらしくておもわずパチリ。
P1010944

そしていよいよ…
P1010955

ラファエロの間です。

実は一度ここを通りすぎ、出口に行ってしまったために
システィーナ礼拝堂も見てからまた入口に戻り、
結果美術館を2周し、2週目でたどり着きました。
この美術館、一方通行やし私ここ4回目やねんけど
初めて迷いました。

 

そしてやっと見られた傑作。
P1010952

美術館のチケットに印刷されてるこのアテナイの学堂は
やはりこの美術館群の中で一番人気。
その向かいがこの聖体の論議なのですが
みんなここに背を向けて、アテナイの学堂を写真で撮りまくる。
P1010951

これ、実はアジア人の特徴で、D君も目を丸くしてました。

ヨーロッパの人はどっちが有名かどうかに関わらず
じっくりと鑑賞する傾向があります。

 

 

そしてボルゴ火災の間。ここも有名。躍動感が違います。
P1010953

 

というか、ここはシスティーナ礼拝堂の
ミケランジェロ作、最後の審判以外は写真がOK。
太っ腹です。でも、やっぱり写真で見るのと実際に見るのとでは
まったく違います。
でもやっぱり写真に撮りたくなるんですよね♪
そして最後はミケランジェロ設計によるらせん階段(いや、スロープ)を
下って終わります。
P1010958

P1010959

この彫刻を改めてみて、すごいなーと感嘆。

 

今回は彫刻に始まり、彫刻に終わったような美術館観光でした。

 

所要時間は・・・3時間!疲れた!まぁ2周したしね。
それでも、全部はじっくりと見きれていません。すごいところだ。ヴァチカン。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

FullSizeRender (16)

Honeymoon 5日目 ~ヴァチカン観光①~

こんばんは!
シルバーウィークも終わっちゃいましたね!

 

さて、旅行記の続きですが、ローマ2日目。
P1010905

やっぱりここは見ておかないと!のヴァチカンです。
ヴァチカン美術館へは事前予約がマストです。
フィレンツェの美術館などに比べてここは予約が簡単で、チャージなどもほぼ無いので
なぜ未だに予約をせずに炎天下の中並んでいる人々がいたのか不思議・・・

 

皆様も、必ず予約をしてから行ってくださいね。旅行会社などを通さなくても
自分で簡単に予約可能です!
予約はコチラから

ガイドツアー不要な場合はADMISSION TICKETSをクリックして
とんだページのSELECT YOUR TYPE OF TOUR のなかで
VACITAN MUSEUMS AND SISTINE CHAPELを。(もう一つはランチ付きのコース)
その後は指示に従って行けば買えます!で、その予約したチケットのコピーを持って
窓口で魅せるとすぐに入れます。
ヴァチカンは、VATICAN MUSEUMSとSがついている通り
複数の美術館で成り立っています。
今回はD君が初めてということもあり、最初からじっくりと。
FullSizeRender (27)

最初の方は、彫刻品を集めたエリアが続きます。
FullSizeRender (20)

FullSizeRender (21)

中庭からはドゥオモがばっちりみられる穴場スポット!
FullSizeRender (16)

実はすごい彫刻品の数々なのに
殆どの人はスルー。
P1010908

というわけで、かなりじっくりと落ち着いて見られました。
P1010922

P1010918

P1010916

ヴァチカンと言えば、ラファエロの間やシスティーナ礼拝堂がメインなので
最初の方はスルーしがちな人が多く、ガイドツアーでもそうなんですが
じっくり見てみるとやっぱりすごすぎます。

ヨーロッパにいると、こういうものが当たり前のように見えますが
日本で考えるとエライことですよね。

紀元前にこんなものが・・・

 

そして地図の間
克明な地図のタペストリーや地球儀が回廊に飾られています。
地図好きには垂涎の場所。

昔のイタリアと
FullSizeRender (24)

 

今のイタリア
FullSizeRender (26)

 

 

なんじゃこりゃ。
FullSizeRender (25)

 

ということで、メインではないけれど他の街にあれば
完全にエース級の美術館群です。

 

 

まだまだ続きます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

FullSizeRender (6)

Honeymoon 4日目 ~ローマへ移動~

こんにちは!

私たちの旅行、4日目は次の国へ移動です。

次は・・・Italy!イタリアです。私は4度目なんですが
D君にとっては初めて!そして地中海を周るにあたって外せない国なので
再び行ってまいりました!

ニースからローマへの移動は、スペイン系の飛行機で。
私たちの便は夕方の便でしたので、朝から昼過ぎまでは
ニースでのんびり。

 

その中でテンション上がったのがコチラ。
旧市街で見つけたもの

P1010872

100gで2.7ユーロの、量り売りフローズンヨーグルト。
ロンドンでも大人気のフローズンヨーグルト、ニースでも人気でした!

P1010871

ビュッフェとか量り売りとか大好きな我々。折角なので試してみることに。
ソフトクリームの機械と同じやつ。味はプレーンやイチゴ、パイナップルや
マンゴーなど何種類もありました。

P1010870

 

トッピングもたくさんあります。フレッシュフルーツがあるのが嬉しいですね。
ソースなどもあります。

P1010869

 

そしてこんな感じ。二人合わせて14ユーロ超。(約2000円)たかっ!笑

P1010873

外でこんな風に食べることができます。うん、おいしかったー。

 

そしてその後、ニース空港より無事にローマに到着。
ニース空港は市街地から近くて便利でした。
ローマへは無事には到着したんですが、荷物が出てくるのが遅いこと遅いこと。
いきなりイタリアの洗礼を受けました。でも荷物が出てきさえすれば文句は言いません。

 

そしてローマからは電車でホテルの近くまで。
ホテルはバチカン市国の裏っかわにしましたが、
着いたのが10時ぐらいで、辺りが暗くてなかなかたどり着けず。。。

 

それでも何とか到着し、その後遅い夕食をとってこの日は終了。
荷物が出てくるのが遅いのがイタリア風であれば
レストランのクローズ時間も遅いのがイタリア。

おかげで、時間を気にすることなく近くのレストランで食事が出来ました :)

バチカン周辺は、そりゃもう世界屈指の観光地なだけあって
観光客向けのお店もあるんですが、
バチカンの北~西にかけては、なかなかローカルな感じです。
そんなバチカンから見て西にあるレストランでは、地元のお客さんで
溢れていました。

FullSizeRender (7)

 

D君が頼んだピザ。盛りすぎ!!

FullSizeRender (6)

そして私が頼んだトマトソースのパスタ。
イタリアではスパゲッティが主流ではなく、ソースに合わせて
色々なパスタがあります。これは中にミンチ肉が詰まっていました。
この時すでにもうイタリアの虜になった我々。

 

こんな味音痴の私たち二人が、違いを見抜けるほど
日本やイギリスのパスタと全然違う!!
もっちもちの生パスタが濃厚なトマトソース良く絡んで美味☆
一度味わってしまったらもう、乾燥パスタは食べられません!!
 

そしてその後、24時間オープンのカルフールで買い物。
カルフールはフランス系ですが、結構イタリアに進出していました。
前に来た時は全然見なかったのになーすごい!

 

FullSizeRender (6)

ここで、みんな大好きnutellaのお菓子?軽食?が。
旅行中にもスナックとして食べたり、
お土産にも持ち帰ったりしました。やっぱnutella美味しい!

 

 

そんなこんなで夜が更けていったローマ初日の夜でした。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

FullSizeRender (12)

Honeymoon 3日目③ ~ニースの夜~

こんばんは!

ニース最後の夜は、少し夜遅くに出動。
ニースを含め、南国は昼間はあまりせかせか動くところじゃないですね。

あついし。

みんな昼間はじっとしていて、夜になってから活動する感じです。

 

このように。

FullSizeRender (14)

 

広場でふつーに踊ってます。ラテン!!

 

私たちは、初日の夜サレヤ広場のめちゃ観光客向けのところで食べて
うーん…という感覚だったので、今回は旧市街へ。

 

旧市街はとにかくレストランだらけ!どこがいいのかさっぱり!
でも、恐らくどこもそこそこ美味しそうでした。
私たちが選んだのはこのお店。

FullSizeRender (29)

 

 

料理は…私はニースオリジナル料理と書いてあったので
stuffed vegetable。野菜の肉詰めです。

FullSizeRender (31)

これが美味しかった!トマトにも詰まってました!

FullSizeRender (11)

Dくんはお決まりのステーキ。こちらも美味しそうでした。

 

この時、11時近くになってましたが、食べ終わってぶらつき
バーに入ってワインを嗜む。。。

FullSizeRender (13)

ハウスワインでしたが飲みやすく、美味しい!
そして12時ごろにホテルに向かって歩きましたが
マセナ広場辺りは、こんな時間でも家族連れが歩いてたり遊んでいたりしました。

 

ニース、思っていたより安全そうでした。ヨカッタ。

 

 

次はいよいよイタリア編です!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

P1010725

Honeymoon 3日目② ~ニース観光~

こんにちは!

さて、ニースの主な観光です。
こちらは、昼間のマセナ広場
P1010846
夏の昼間はがらーーーんとしています。
(ただ、夜になると家族連れなどが増え、子どもが安心して遊べる場となります)

P1010849

そして広場を超えると、あの有名な遊歩道プロムナード・デ・ザングレです。P1010724

P1010903

ヤシの木が南国の情緒を醸し出しています。いいですね~。
そして、遊歩道の東端にある展望台からはかの有名なこの景色。
P1010725

展望台にはエレベーターで行けますが、この日は壊れてて、階段で…。
ヒーヒー言いながら登りましたが、この景色のためなら!
そして、横では5歳ぐらいの小さい子供もしっかりのぼっていましたので
文句言わずに上りました。

そのまま東に歩いていくと白亜の美しい慰霊碑。
P1010894

そして美しい十字架。
P1010893

歩くだけでいい気分になれる遊歩道です。

このまま歩いていくと旧港にたどり着きます。
ここではクルーズ船やボートが揃います。
P1010882

そして海岸に昼過ぎに来るとこんな感じ。
上の写真と比べて、海水浴のお客さんが増えています。
P1010900

私たちはここでは海に入らなかったのですが、
ニースの海岸は、意外にも(?)小石の海岸でさらっさらの白浜ではありません。
そして、海に入ると割とすぐに深くなるので、あまり子供向きではありません。

東の方には飛び込み台というか、使われなくなった建物の枠組みに登って
海に飛び込む少年たちが楽しそうにしていました。

中には遊歩道から飛び込むクレイジーな若者も!
遊歩道を歩いていたら、目の前で飛び込んだので
驚いたのなんのって。ゆうに10mはあったと思います。こわーーー

しかも、周りはごつごつの岩!こわーーーー

 

絶対にマネしないようにしてくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

P1010709

Honeymoon 3日目 ~ニースの旧市街観光~

☆追記☆ ニースの旧市街についての記事はコチラ → たびねす記事

こんにちは!
日本は、ものすごい大雨が東日本・北日本で起きて大変でしたね。
東日本大震災以来の衝撃的なニュースでした。やはり天災は怖いですね。

 

さて、旅行記の続きですが
ニースで有名なものは「ビーチ」そして「旧市街」です。
この日はまず、旧市街に向かいました。

旧市街のサレヤ広場では、毎日朝市が開かれています。
サレヤ広場目指して歩いていると・・・

P1010702
かわいいお花屋さん!うーん、絵になる。。。

P1010852
かご屋さん!かごだけを扱うお店!
日本ではこういう「ある品物」だけを扱うお店が減ってきましたね。

 

そして朝市に到着。
他の国やエリアの朝市に比べ、ニースの朝市は遅めのスタート。
これで10時ぐらいだったと思います。
P1010704

P1010705

P1010706

P1010707
このハーブの袋が可愛かった!

P1010713

P1010709
ハーブは軽くて種類も豊富なので、お土産に最適ですね。

P1010722
おもちゃ屋さんの前にあた可愛い車。(プランター)

 

朝市で買えるハーブやプロヴァンス石鹸、オリーブなどは
すべて旧市街に専門店があります。

P1010712
ここは石鹸。

P1010732
プロヴァンス石鹸、お手頃で種類も豊富!まとめ買いがお得です。

P1010879
少しクオリティが良さそうな石鹸

P1010727
旧市街の様子。右手には教会が見えます。

 

そしてこちら・・・
P1010881
スパイス屋さんです。地中海料理に欠かせないハーブやスパイスが揃います。

P1010876
これは何でしょうか?大理石のように見えますが・・・

なんとヒマラヤ岩塩!こんな大きな石版状のものもあるんですね!
砕いて使うのかな・・・?

 

P1010875
このパイレーツが目印のショップは、量り売りのお菓子屋さんです。

中央部分に見える樽の上部にスイーツが入っていて、その樽が何十個も。
子どもたちにとってはまさしく楽園!

 

P1010877
そしてここはオリーブ屋さん。様々なオリーブが揃います。

 

などなど、旧市街は散策してもしきれないぐらい沢山のお店が
細い路地にひしめき合っています。

 

真夏のうだるように暑い中でも、細い路地のおかげで
ほぼ日陰ですので、周りやすいエリアです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

Honeymoon 2日目 ~ゴージャスな国モナコ~

☆追記☆モナコの記事はコチラ → たびねす記事

前回の記事の続きです。

ニースから、エズの村を観光した後はそのままバスでモナコへ。
エズはニースよりもモナコ寄りのところにありますので
モナコへは15分ほどで到着します。

が、私たちが行ったときは道路が混んでいて30分以上かかったかもしれません。

バスはモナコで終点、ちょうど観光案内所の前につくのでそのまま中に入って
地図を貰いながら何となく情報を得ました。
案内所のお姉さんはめっちゃ親切でした。

モナコと言えば、やはりカジノですね!!
案内所からカジノまでは、公園を通り抜ける形で迎えます。
南国の植物がもりもり生えた公園。

P1010794

P1010792

カジノの隣にあるレストラン、カフェ・ド・パリ。

P1010795

他のウェブサイトなんかでは、ここでご飯がおススメと書いていました。
モナコの中でもここは割安なんだとか。
でも、値段を確認したら私たちが普通に食べる金額の倍ぐらいしてたので
(普段安いものばっかり食べているのではないかという点はスルーで)
ちょっと豪華に、でも豪華すぎずに、という場合に最適ではないでしょうか。
私たちはパスしました。

 

 

そしてここがカジノ!

P1010796

中は写真撮影禁止なのですが、無料で入ることが出来ますので必見です。
そしてカジノ!私たちはこの本館みたいなところではなく、先ほどの
カフェ・ド・パリの奥にあった安そうなカジノの方へ!

 

ビビりかつ、ギャンブルに免疫のない私たちは取りあえず2人で30ユーロ使ってみました。
2人とも、上がったり下がったりしながらもあわせて28ユーロのところでストップ。

結局1時間もいなかったかもしれませんが
かなり遊べて、2ユーロ使っただけというのはお得!涼めたし・・・

(しかしこれがきっかけで、この後カジノにはまるとはこの頃はつゆ知らず・・・)
そしてカジノを後にし、観光に戻ります。

 

こちら、近くにあったショッピングモール。

P1010802

 

同じモールでもイ○ンなどと全然雰囲気が違う・・

 

そしてF1のコースにもなっている道。
P1010799
F1の事にもまったく知識がないので、これが精いっぱい。

 

ギャンブルにもF1にも興味のない私たちが来てしまってごめんという気持ちでした。

P1010800

これはモナコにもあった!マクドの建物からの景色。
マクドやけど、ゴージャスな気分が味わえます。マクドやけど。

 

そしてバスに乗って旧市街のほうまで行きました。
バスのチケットはバス停にある券売機で買えます。
1回券がひとり2ユーロ。旧市街は狭いモナコとは言え少し離れていますので
バスで行くのがおススメです。Line1がカジノのあたり(モンテカルロ)から旧市街(Rocher)まで
走っています。バス料金やバスマップなどはコチラ

 

そしてついた旧市街!何をしていいのかわからないのでとりあえずブラブラ。
Town hallを見つけたので、記念やしーということで入国スタンプを。

P1010808

ここ。あまりに綺麗で、ここか自信が無かったのですが、合ってました。
さらに人も全然いなく閑散としていました。みんなそんなにスタンプ興味ないのかな??
中にいたスタッフのおっちゃんは気さくで親切な方でした。

 

P1010833

そしてここがグレース・ケリー王妃が挙式し、眠っているという大聖堂。

 

そして王宮。

P1010825

その前には大砲と砲弾がディスプレイされています。

P1010815

 

いつみても子供が群がっており大人気でした。この王宮自体はシンプルでしたが、ここから見える景色がとにかく素晴らしい!

P1010811

クルーザーだらけ!さすがです!
そして夜はゴージャスな夜景が楽しめました。

P1010838

他にも、旧市街はおそらく世界中のどの旧市街よりも美しかったです。
道にゴミが無いとかだけでなく、建物そのものも清潔感に溢れまくっていました。P1010807

P1010806

P1010822

P1010818

こんなところに住めたらな~と思わせる街並み・・・

 

 

夜ご飯は旧市街のランダムなレストランに入りました。
旧市街はモナコとは言え値段もはらず、レストランの数も多いので
ここでの食事がおススメです。

P1010834

私はサーモン。コメが食べられたのが地味に嬉しい。

P1010835

 

D君はステーキ。イギリスとかわらんやんけ!と思えますが、
右にちょこんとあるトマトのグリルと、ラタトゥイユがフランスっぽい。

 

 

そんな感じで、9時頃まで遊んで電車でニースまで帰りました。
電車でニースまでは20~30分とめちゃ近い上に、
モナコは夜でも安全。おそらく世界で一番安全な所ですので問題なく遊べました。

 

南フランスに行く際は、ぜひモナコを訪れることをお勧めします。
行く前には、友人から「お金がないと退屈」とか
「全然面白くない!」という意見を聞いていましたが
お金は案外使わずに楽しめましたし、やはり海外で安全に思いっきり遊べるのって
貴重やし、ぜひ行ってみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

Honeymoon 2日目 ~鷲の巣村エズ~

おはようございます :)

さて、ニースの観光2日目ですが
この日は、活動的にエズの村とモナコに日帰り旅行に行こうと決めていました。

まずはエズの村ですが、コチラはまるで鷲の巣のように、山肌にはりつくように
作られた小さな集落です。

Eze is a commune of the Alpes-Maritimes département, in France, not far from the town of Nice. Eze village, dans les Alpes maritimes

こんな感じ!すごいですよね!!

ここへは、ツアーもありますが自分たちで公共機関を使っても行けます。
電車もありますが、エズの駅からこの村まではめちゃめちゃ歩いて登らないといけないため、
バスで行くのがおススメです。バスはニースから30分ほどで到着します。

バス自体は1時間に1本ほどと、あまり頻繁ではありませんので
逃さないようにしなきゃいけません。私たちも20分ほど前にはバス停で待ってました。
(バスは出発時間ぎりぎりに来てましたが)

 

景色がとにかくすごいので、村につく前のバスで坂を上るところからワクワクがとまりません。

 

そして村に着くと・・・正直何を見ればいいのかなーなどと最初は思っていたのですが
ここは、村全体がアート!

どこをとってもピクチャレスクで、シャッターを切る回数が多くなったこと!
と、言うわけでいくつか写真を。

P1010788

観光コースは、バス停(村の下の方)から、上に見える黄色い建物(時計塔)を目指して
とにかく階段を上っていきます。

 

ところどころにアートショップやレストランが
こじんまりとオープンしています。

P1010744

 

石造りと緑が美しい街並み(村並み?)です。

P1010747

P1010763

保存状態がかなり良く、まるで映画のセットのようです。P1010764

村の景色もすごいのですが、振り返ると、エズと同じように山肌に出来た他の集落や
コートダジュールの碧い海岸を臨むこともできます。

P1010779

P1010769

 

こちらが目印となった黄色い時計塔

 

そしてここで昼食を取ったのですが
エズには、村の規模から考えると割と大き目なレストランが
下のバス停近くや、絶景スポットにいくつもあります。

 

が、私たちが行ったのは、いかにも「家庭の料理です」的な
民家?で経営されていたようなところ。

P1010754

おじさんがサーブして、キッチンで奥さんがお料理をしていました。
通路のスキマのようなところで食べると言う経験。
(席は限定2テーブル4席)

P1010755

私はニコラスサラダ

P1010756

D君はオムレットを。

めちゃシンプルなんですが、特にオムレットはD君いわくNiceなどで
食べたもののなかでもピカイチだったとか。

前日の夜に、いかにも観光客向けのレストランで
あまりいい食事に出会えなかったので、こんな謎めくレストラン?おうち?で
食べましたが、大正解でした!

村の中間ぐらいだったのですが、詳しい場所もわかりませんし
看板も見逃しやすい(店の前にはなく、少し離れたところにメニュー表がある)ので
見つけた場合は是非訪れてください!おススメです。

そんなこんなでエズの観光は終了です。
多分2時間ぐらいの滞在でした。ここで有名な、頂上にある植物園にはいかず。
(植物よりも、ここからの景色目当てに皆さん入っているようでした)
私は村そのものの景色に感激しました。

その後、モナコへ移動しました~こちらも公共のバスで行けます。

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

Honeymoon 1日目 ~ニース観光①~

こんにちは!

 

前回の記事で、荷物の遅延について書きましたが
気持ちはもやっとしつつも、割り切って
夕方からのニース観光を少し楽しみました。

 

私たちのホテルは、駅間近の超便利ホテル。

 

後からググってわかったんですが、駅付近は治安的には
微妙ですので、出来れば海岸沿いのホテルが良かったらしいです。

 

ただ、私たちは電車を使う予定がありましたので、便利でよかったです。

 

確かに、駅に近づくと、海岸沿いとは少し雰囲気が変わりますが
大通りを歩いている限りは問題なさそうでした。

 

 

というかニース、めちゃ治安良さそう!

 

 

夏だったと言うのもあるかもしれませんが、
夜遅くでも小さい子連れのファミリーが外をうろつけるほどです。

 

日本に居たら、え、それって当たり前?とも思われますが、

 

海外ではそういうわけにはいきません。

 

でもニースは夜でも、というかリゾート地全般ですが
昼は暑いので活動している人が少なく、陽が落ちた夜9時以降ぐらいから
活気が出てきます。

 

そんなわけで、駅前のホテルからビーチ方面に向かって大通りを歩きます。

 

駅から海岸まで続く目抜き通りJean Medecin通りを南下すると
右手に見えてくるのがノートルダム寺院
P1010639

 

パリのあのノートルダム寺院と同じ大きなゴシック様式の教会です。
P1010642

 

中のヴォールト天井も素敵。
P1010645

日本と同じように暑く、リゾート客でごった返すニースですが、
一歩教会に足を踏み入れるとひんやりとした静かな空間が広がります。
この、外と隔離されたような空間が割と好きで
忙しい旅行中にほっと一息入れられる感じがします。

 

そしてマセナ広場。もう夕暮れ近くになっていますので少し暗い画像ですが
ニースを代表する広場です。

画像にある柱の上に正座している像が気になる・・・
P1010656

 

そしてニースの遊歩道
P1010670

海岸から、沈む夕日は見られませんが、刻々と変わっていく空の色が美しいビーチP1010663

そして旧市街のサレヤ広場で夜ご飯。
P1010673

レストランが多く集まる旧市街の中でも
このサレヤ広場は、レストランが密集するエリアなのですが、

個人的な感想としては、

ここはあまりにも観光客向け過ぎて

味もイマイチでしたので、おススメしません!

食事は、旧市街のもっと込み入った路地にあるような
レストランがおススメです。

そして、よくわからないまま綺麗だったので撮りましたが

Caserne Ruscaの時計塔。旧市街の裁判所前にありました。

P1010677

 

そんなこんなで1日目終了です。

 

次はエズ・モナコです!!

 

 

 

外国人と交流できる新しいSNSの招待はこちらから↓お友達になってくださいね!
https://www.tsu.co/Akimaru

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ