Hunting Shaun 1


こんにちは!

ロンドンでは今、Shaun the sheepのプロモーションを兼ねて
ロンドンの中心部、CityエリアとWest endエリアを中心にShaunが設置されています。

Shaunは、イギリスで昔から大人気のクレイ映画Wallace & Gromitのスピンオフシリーズ
ひつじのショーンです。

 

これ、映画のプロモの他に、募金も兼ねていて
このためのアプリ(有料£1.49)や、関連グッズを買うと
その一部がロンドンで病気に苦しむ子供たちなどに届きます。
もともとWallacce & Gromitのプロダクションはこども基金に力を入れているのです。

このシステム、すごくいいですよね。
さすがイギリスはチャリティーが進んでいる国!

私たちはShaun探しで楽しめるし、
楽しみながら、募金もできるなんてすばらしい。

これって、日本でやればもっとすごいことになりそうですよね?

ワンピースとか、妖怪ウォッチとか?

こちらの国ではShaunは確かにみんなが知っていますが
どちらかというと、サザエさんのタマみたいな感じでもあるし…

日本でもこういう風にチャリティーが進むようになってほしいものです。

Anyway, 普段ケチケチな私もShaunでチャリティーが出来るとなれば
これはもういそいそと出かけました。

 

目指すは全部制覇ーーー!のつもりで
ロンドンブリッジからスタートしましたが
最初の一つ目が、The Shardというロンドンのランドマークビルの展望台(=有望)

にあるという出ばなのくじかれ方・・・

。。。

 

気を取り直して、タワーブリッジ方面へ行きShaunコレクト!
タワーブリッジ付近の記念すべき初Shaun!

photo 5 (5)

photo 4 (4)

photo 3 (5)

このショーンを撮って気づきましたが、このショーンたち、
ただただランドマークっぽい所に無造作に置かれているんではなく
背景を入れて撮るとバッチリなように設置されているショーンが多かったです。

このショーンは、タワーブリッジがばっちり入るところに居ました。

 

photo 2 (5)

タワーブリッジを渡ります。今回のメインはショーンなので、申し訳程度に橋の写真もパチリ。

photo 1 (3)

タワーブリッジの上にいたショーン。後ろにガーキンをばっちりおさえました。

photo 5 (6)

photo 3 (6)

このショーン、地図マニアの私の心を掴んだ、地図ショーン!

photo 4 (5)

日本画適当な感じも面白い!

 

 

そしてタワーブリッジを渡り、タワーオブロンドン辺りのショーンハントです。

photo 2 (6)

photo 1 (4)

後ろが絶景!メダルショーン

 

 

 

そして、この後シティエリアに向かって歩きました。

photo 5 (4)

モノポリーで有名な、Fenchurch Streetにいた自由の女神ショーン

 

そして、日本のショーン!その名もKanzashi!

photo 4 (3)

こちらは上海ショーンでした。

photo 3 (4)

この後、Shaun密集地、St.Paul Cathedoral周辺へ行きました。

ちょっと画像が多すぎますので、続きは次の記事にて…

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました<img class=”smiley” src=”http://iloapp.meek-speak.com/blog/images/system/smiley_smile.gif” alt=”smiley” />

<b>このブログはランキングに参加しています!

一日1クリックお願いします!</b></strong>

 

<a href=”http://english.blogmura.com/english_hyougen/ranking_out.html” target=”_blank”><img src=”http://english.blogmura.com/english_hyougen/img/english_hyougen88_31.gif” width=”88″ height=”31″ border=”0″ alt=”にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ” /></a>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>