Italy-ticket-machines

Honeymoon 7日目 ~フィレンツェへ移動~


こんにちは!

 

さて、ローマを満喫した我々は、次の目的地フィレンツェへ移動です。

 

ローマからフィレンツェは、電車(新幹線)で約1時間半で到着します。
この二大観光都市がこの近さなのは、便利ですねぇ。

 

 

移動はほとんどの人が電車移動だと思うのですが(バスツアー客以外)

 

電車の乗り方は超簡単!

 

最も効率がいいのはチケットをオンラインで買うことです。おそらく一番安く購入できます。
オンラインではココから買えます。
チケットを買わなくても、スケジュールやおおよその値段も把握できますので
一度確認しておくと良いかもしれません。
因みにローマ ⇔ フィレンツェ 間は約30分に1本
朝や夕方になると15~30分間隔で運行されています。

 

私たちは、具体的な出発時間を決めていなかったので、駅で直接チケットを買うことにしました。
ここからは、駅でのチケットの購入方法です。

 

まず、駅で券売機を探す。
Italy-ticket-machines
こんなの。ローマのテルミニ駅やフィレンツェのSMN駅なんかではアホほど置いてあるのですぐ見つかります。
クレジットカードでも買えますし、英語表記もあるので安心。

 

未だに、スタッフの所に並んで買っている人も多いのですが、こっちの方が断然早いし
イタリア語がわからなくてもOKなので、券売機がおススメです。

 

しかし、この券売機。イタリア語だと「ようこそ~」みたいな喋り出しなんですが
(ガイダンスが流れるシステムです)

言語を英語に変えた瞬間、

最初の一言が
「スリに気を付けてください!」からスタートする
なんともイタリアらしい券売機。

まぁ駅構内とかはめちゃスリが多いようなので、ね。

 

で、出発地と目的地、乗りたい電車の日時を指定してお金を支払うとチケットが出てくるシステム。
前もって買うこともできるので、出発が朝早い場合や混みあう日時(休日とか?)の
予約をしたい場合は、事前に買っておく方がいいかもしれません。
幸い、テルミニ駅は観光スポットからもそんなに離れていないので、
観光の合間に行くことも可能です。

 

私たちは、夕方にフィレンツェにつけば良かったのですが
ホテルを10時にチェックアウトして、そのまま荷物預けてまた取りに行って…とかをするのが面倒だったので
もうそのままフィレンツェに行こうというプランに。

その場で、値段と空席状況を見ながら、チケットを購入しました。
(時間帯でチケットの値段も変わります)
私たちは一人25ユーロぐらい。

 

そして、チケットを購入したら、そのままプラットフォームへ向かいます。
イタリアでは、「改札」というのは無いので、自由にプラットフォームまで行けます。
その代わり、各プラットフォームの入り口近くにこんな機械があります。
Italy-ticket-validation2
これはチケットに時間を刻印する機械。これを押しておかないとペナルティを取られることがあります。

 

電車の中では、日本の新幹線と同じように、車掌さんが来てチケットを確認するのですが
どうも改札のないこのシステムは、ずるい人が出てきそうだなーと感じます。

 

でもイタリアも変わってきて、今回はフィレンツェ行きのプラットフォームの入口に
スタッフが立って一人ひとりチケットを確認してから通されました。

 

やっぱずるい人が多かったんだろーなー。

 

早く改札つければいいのになー。

 

などと思いながら乗車。

 

車内は綺麗で快適。スーツケース置き場もありますのでゆったりと席で寛げます。

 

 

 

そんなこんなでフィレンツェに到着したのは1時すぎ。

 

 

 

ホテルに荷物を置いて、さっそく散策の開始です。

 

 

 
最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>