Tag Archives: イタリア

P1020657

Honeymoon 16日目 ~シチリア・カターニア~

こんにちは!

そろそろいつ終わんねん!という感じですが16日目。
この日は古都シラク―ザに行こうかなとも思ったのですが
結局のんびりカターニアで過ごすことにしました。

洗濯もしなきゃいけないし。

 

取りあえずは朝、洗濯に行こうとホテルのスタッフにコインランドリーの場所を聞き、向かいました。

 

私たちのホテルはまぁ町の中心部にあったのですが
そこからメインストリートとは反対方向へ向かうと
一瞬にして色合いが変わりました。

なんか、足を踏み入れてはいけない感じ・・・

 

この方向は駅へ向かう方向でもあったのですが
駅の周りもお世辞にも良いエリアとは言えなくて
一歩間違えて路地に入ってしまうと
何かの監視している?と思えるような不審な動きをしている人が沢山。
明らかに夜の仕事やろーという女性もわらわら。

 

一刻も早く立ち去りたいエリアでした。これぞシチリア。
ヨーロッパでもなかなか体験したことの無いエリアでした。怖かったー。

 

でも、とりあえず洗濯も無事に終わり、そこから町へ繰り出します。

 

 

P1020643

 

まずは押さえておくべき!アランチーニ(ライスコロッケ)
シチリア島はこのアランチーニが名物です。どこに行ってもこのとんがり形で可愛いし、
その割にライスがぎっしりでお腹に溜まります。

 

 

そして、何の下調べもしていないので、観光と言ってもどこを見ればいいかわからなかったので

P1020662

 

これ。観光用の可愛い汽車型バスに乗ってみました。
暑い中歩くのも大変だし、のんびり見られて良かったです。おすすめ。

P1020685

 

こんなruinがあったり。

P1020682

これ、メインストリートのど真ん中に普通にあります。

P1020657

 

こちらは大聖堂。

P1020668

中はかなり広く、見ごたえ十分です。

P1020666

 

P1020674

そしてこれ、エレファントのオベリスク。変わってる~!!

 

 

こんな感じで、カターニアの中心部はなかなか美しくて素敵です。
ローマやフィレンツェとは違い、白っぽい建物が多いのも
ぱっと街を華やかに見せます。

 

でも、路地とか少し離れたところは、かなり雰囲気悪いし
シチリアと言えば、マフィアのシチリアですので、
気を付けることにこしたことはないでしょう。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

P1020634

Honeymoon 15日目 ~シチリア・タオルミーナ~

こんにちは!

さて、カターニアに来たら行っておきたいところ

P1020607

 

Taormina タオルミーナ

 

****たびねす記事になりました!***
シチリアの宝石!タオルミーナは街並みも海も楽しめる一度で二度おいしいスポット

 

*******************

 

最近、日本でもここは人気のスポットとして取り上げられていることも多いようです。

 

 

カターニアからはバスで行きました。直通で楽ちん!
シチリア島は電車も走っていますが、遅かったりアクセスが良くないことが多く、
バスが大活躍しています。

タオルミーナは、海のすぐそばまで丘陵が迫っていて
その丘の上に町が建てられています。鉄道駅は海の近くにあり、
電車で行っても結局駅から町まではバスなどに乗らなければいけないので
タオルミーナへはバスで行くのがおすすめです。

P1020582

P1020602

レトロで可愛い街並みはまさに日本人好み!日本人観光客も少し見ました。

P1020584

 

タオルミーナの教会

P1020592

 

石造りの壁に木製のヴォールト天井。

P1020593

 

この絵画、いかにも!な宗教画ではなく水彩画みたいで美しい!

P1020611

町の広場。ここから見える海が絶景です。

 

タオルミーナの町は、正直めっちゃ観光地化していて
お土産物屋さんやレストランがひしめき合っています。
さすがにこれだけ人気になると、当時の様子を保つのも難しいんでしょうね。。。

 

 

そして、タオルミーナの町からケーブルカーで海に下ります。

P1020631

この透き通った海!

P1020626

ビーチでのんびり。ここには日本人がいない不思議。
正直、浜辺は小石でサラサラの砂じゃなく、すぐに深くなるので子ども連れにはあまり良くないかも?
これはシチリア島全般的にそうなのですが。
実際に海に入ると、確かに透き通った水にテンションは上がるのですが
横から見ているほうがきれいかもしれません。

P1020634

タオルミーナの観光名所、イソラベッラ。思ってたより小さかったです。

 

シチリアに行ったなら、一度は訪れてみたいスポット、タオルミーナです。

 

 

****たびねす記事になりました!***
シチリアの宝石!タオルミーナは街並みも海も楽しめる一度で二度おいしいスポット

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

FullSizeRender (6)

Honeymoon 14日目 ~初のシチリア島・カターニア~

***たびねす記事になりました!***

美味しくないわけがない!シチリア・カターニアで陽気な本場のイタリアンを食す

******************

 

 

こんにちは!

 

さて、マルタから再びイタリアへ戻ってきました!

と言っても、今回は本土ではなくシチリア島!
イタリア4度目にして初めてです。
イタリアは、南部に行けば行くほど文化や人柄など、色々と色濃くなっていくのですが

 

そんなシチリア島にある都市、カターニアは、確かに他の都市とは全然違いました!!!

 

 

 

到着した日は夜遅かったので、タクシーでホテルまで行って休みました。
この時のタクシーが、マルタの時に比べて高かったので
一瞬「ぼったくられた?」と思いましたが
あとあとネットで調べてみるとまぁ適当な料金だったようで一安心。

ちなみに、空港から中心部まで大体25ユーロぐらいでしょうか。
私たちの場合は、夜遅かったこと+大きな荷物2つがあって25ユーロでした。

 

 

 

そして、翌日。

 

日曜日だったのですが、カターニアは見事に色々閉まってました。
単に日曜だからなのか、聖母被昇天の次の日だったからかはわかりません。
FullSizeRender (10)

ということで、街をぶらつき。教会がなかなか美しい。

FullSizeRender (8)

そして、どうやら人気のエノテカへ。
ワインを中心に、シチリアのお土産が揃う可愛いショップでした。
FullSizeRender (9)

FullSizeRender (7)
もっと可愛いのは、この奥にいる女性スタッフ。
アメリカ訛りの英語はほぼ完璧で、ここカターニアではかなり珍しかったです。
とてもフレンドリーな方で色々教えてくれました。
私たちはここで、シチリア産のプロセッコをGET!

 

そして夜ご飯。ディナーはD君が調べてくれたお店へ。
FullSizeRender (6)

 

オープンしてすぐに行ったので余裕で入れましたが
その後、続々とお客さんが来ていました。

FullSizeRender (5)

 

中には本格的なワインセラーもあって、期待が膨らみます。

FullSizeRender

実はこの日は私の誕生日だったので、珍しくワインをボトルでオーダー!
カターニアは、エトナ山のふもとにある街ですので
そこでとれた上質のブドウからできたワインが自慢です。
エトナのワインは飲みやすかったです。

FullSizeRender (3)
パン。種類が多くてテンション上がる。丸いやつの中はトマトが入っています。

FullSizeRender (2)
前菜のラビオリ。ラビオリってMASTER CHEF(プロ・アマの料理人たちが料理の腕を競うUKの人気番組)でよく出てくるけどなかなか食べないので満足!

FullSizeRender (4)
そして、誕生日ディナーっぽくはないけど、このお店はピザが人気ということもあってピザをオーダー!!!
カリもちの生地に新鮮なモッツァレラチーズとトマトソースが合わさって美味しかった♡

 

スタッフの方はややそっけなく感じました。イタリアにしては、という意味ですが。

 

 

でも、大満足でレストランを後にしましたが、食べ終わって外に出てみると、
向こう3件分ぐらい先まで道路に机が並び、お客さんがディナーを楽しんでいました。
人気あるんだなぁ。

 

 

 

カターニアに訪れた際は、ぜひこちらil saleをおすすめします!

 

***たびねす記事になりました!***

 

美味しくないわけがない!シチリア・カターニアで陽気な本場のイタリアンを食す

 

******************

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

FullSizeRender (13)

Honeymoon 10日目 ~マルタへ移動~

こんにちは!

 

ついに10日目に入りました。

 

この日は移動day

 

朝は少しフィレンツェで過ごし、
昼ご飯をホテル近くの

ここに再訪。めっちゃ気に入りました。

前回はディナーでオープンと同時に行きましたが
今回もランチでオープンと同時に。。。恥ずかしかったけどまぁ気にしない!

 

そして、ランチを堪能した後は

 

一路ローマへ戻りました。

 

 

ローマへ戻ったら空港からマルタへ向かいます。

 

ローマの空港はなかなか雑然としていて、さすがローマ!

 

 

マルタへはマルタ航空で。
FullSizeRender (14)

 

FullSizeRender (13)
カラフルで可愛い!

 

 

 

 

イタリア→マルタの便なので、乗客はほぼこのどちらか。
多分イタリア人が多かったような気がしました。

 

 

そのため、内部は乗ってる間中パーティーモード!!!

 

 

 

すごいぞイタリア人!!

 

 

 

 

とにかく明るいイタリア人!!!

 

 

 

やっぱ好きやわぁ~彼らの明るさ。

 

 

(でも自分は真逆、だからこそ惹かれるのかも)

 

 

 

マルタは、イタリアの目と鼻の先にある小さな島ですが
かつてイギリス領だったこともあり、英語が公用語。
そのため、イタリアから気軽に語学留学に行けるところでもありますので
イタリア人学生も沢山いました。

 

 

 

 

私たちが空港に着いた時はもう夜。

 

空港からはタクシーで。

 

 

空港のタクシーはすごくシステム化されていて、
受付のお姉さんに行き先を告げて事前にお金を払って
あとはタクシーに乗るだけ!なので、ぼったくりとかはありません。

 

 

おおよそのエリアで一律料金になっていました。

 

私たちはSt Julian’sというところに泊まっていましたのでそこまではタクシーで20分ほど。
料金も20ユーロでした。

 

 

そんな感じでマルタ島着!

 

 

いよいよ次の日は謎の国、マルタの観光です☆

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

Italy-ticket-machines

Honeymoon 7日目 ~フィレンツェへ移動~

こんにちは!

 

さて、ローマを満喫した我々は、次の目的地フィレンツェへ移動です。

 

ローマからフィレンツェは、電車(新幹線)で約1時間半で到着します。
この二大観光都市がこの近さなのは、便利ですねぇ。

 

 

移動はほとんどの人が電車移動だと思うのですが(バスツアー客以外)

 

電車の乗り方は超簡単!

 

最も効率がいいのはチケットをオンラインで買うことです。おそらく一番安く購入できます。
オンラインではココから買えます。
チケットを買わなくても、スケジュールやおおよその値段も把握できますので
一度確認しておくと良いかもしれません。
因みにローマ ⇔ フィレンツェ 間は約30分に1本
朝や夕方になると15~30分間隔で運行されています。

 

私たちは、具体的な出発時間を決めていなかったので、駅で直接チケットを買うことにしました。
ここからは、駅でのチケットの購入方法です。

 

まず、駅で券売機を探す。
Italy-ticket-machines
こんなの。ローマのテルミニ駅やフィレンツェのSMN駅なんかではアホほど置いてあるのですぐ見つかります。
クレジットカードでも買えますし、英語表記もあるので安心。

 

未だに、スタッフの所に並んで買っている人も多いのですが、こっちの方が断然早いし
イタリア語がわからなくてもOKなので、券売機がおススメです。

 

しかし、この券売機。イタリア語だと「ようこそ~」みたいな喋り出しなんですが
(ガイダンスが流れるシステムです)

言語を英語に変えた瞬間、

最初の一言が
「スリに気を付けてください!」からスタートする
なんともイタリアらしい券売機。

まぁ駅構内とかはめちゃスリが多いようなので、ね。

 

で、出発地と目的地、乗りたい電車の日時を指定してお金を支払うとチケットが出てくるシステム。
前もって買うこともできるので、出発が朝早い場合や混みあう日時(休日とか?)の
予約をしたい場合は、事前に買っておく方がいいかもしれません。
幸い、テルミニ駅は観光スポットからもそんなに離れていないので、
観光の合間に行くことも可能です。

 

私たちは、夕方にフィレンツェにつけば良かったのですが
ホテルを10時にチェックアウトして、そのまま荷物預けてまた取りに行って…とかをするのが面倒だったので
もうそのままフィレンツェに行こうというプランに。

その場で、値段と空席状況を見ながら、チケットを購入しました。
(時間帯でチケットの値段も変わります)
私たちは一人25ユーロぐらい。

 

そして、チケットを購入したら、そのままプラットフォームへ向かいます。
イタリアでは、「改札」というのは無いので、自由にプラットフォームまで行けます。
その代わり、各プラットフォームの入り口近くにこんな機械があります。
Italy-ticket-validation2
これはチケットに時間を刻印する機械。これを押しておかないとペナルティを取られることがあります。

 

電車の中では、日本の新幹線と同じように、車掌さんが来てチケットを確認するのですが
どうも改札のないこのシステムは、ずるい人が出てきそうだなーと感じます。

 

でもイタリアも変わってきて、今回はフィレンツェ行きのプラットフォームの入口に
スタッフが立って一人ひとりチケットを確認してから通されました。

 

やっぱずるい人が多かったんだろーなー。

 

早く改札つければいいのになー。

 

などと思いながら乗車。

 

車内は綺麗で快適。スーツケース置き場もありますのでゆったりと席で寛げます。

 

 

 

そんなこんなでフィレンツェに到着したのは1時すぎ。

 

 

 

ホテルに荷物を置いて、さっそく散策の開始です。

 

 

 
最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

P1020081

Honeymoon 5日目③ ~ヴァチカン観光③~

こんにちは!

 

ヴァチカン美術館を出ると、次に行かなければいけないのは何と言っても

サン・ピエトロ大聖堂

ですが・・・・

vatican

↑この円形の部分に沿って、数えきれないほどの行列が・・・

 

しかも真夏の炎天下…

 

とてもじゃないけど、並ぶ気力などなかったので、この日は諦めました。
次の日の朝に行こうと決めて(ホテルがちょうどヴァチカンから近かったので、ね)

P1020056

でも、この衛兵さんは見なきゃいけないでしょ。
ミケランジェロデザインのキテレツな衣装を身に纏った、スイス人の衛兵さん達。
いくらピエロのように見えようとも、歴史と伝統のあるこの地で職に就けるのはやはり素晴らしい。
(ほめてんのかけなしてんのかよくわからなくなった)

 

P1020058

そして、サンタンジェロ城を通りすぎ、橋を渡って・・・

P1020063

ナヴォ―ナ広場。

P1020065

ベルニーニの彫刻に感動した後は、ローマに来たら毎回行っているジョリッティ P1020068

P1020067

ジェラートの老舗です。私はシャンパン味と言う大人な味で。さっぱりして美味しい!

P1020076

そしてゴージャスなコンドッティ通りを抜けて

P1020079

 

スペイン広場へ。

 

最後はそこからメトロに乗ってコロッセオへ。

P1020081

 

「取りあえずD君に観せとかなー」的な感覚でさくさくと巡りましたが、
ローマはとにかくどの建物も規模がデカいので感動が薄れがちになります。
そしてこんな場所に実際に来ているんだという感覚も薄れがちになります。

でも感動していないと言うわけじゃなく、感動しすぎてよくわからない感覚と言うか
現実味がないんでしょう。これらの遺跡や建築物、芸術品を実際に目の前にしていると言う
実感がなかなか湧かないのです。すごすぎて。

 

4回来てもそうなので、きっと何度行ってもそうなんでしょう。

 

思い起こせば、ロンドンだって6年も住んだのに、
毎日ビッグベンを見ることに、現実味がずっとなかったな。
慣れないと言うか、いい意味で。

 

だからこそ、きっとこれからもずっと、何度でも訪れたくなるのでしょう。
私にとってヨーロッパはそういうところです。

 

こんな感じで日が高いうちに、さっさと周ったローマ観光ですが
真夏のローマは石畳に照り付ける日差しも相まってとにかく暑い!
ので、この後はホテルで一休み(昼寝)。そして夜にまた繰り出す、という方法にしました。

 

 

ちなみに、ローマでのおススメレストランは、こちらで記事にしております。生パスタに感動し、日本のパスタが食べられなくなった運命的なレストランの数々です。是非ご覧ください :)

ローマ&ヴァチカン観光に便利な「生パスタ」が自慢のレストラン

P1020061

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ