Tag Archives: エリトリア料理

エリトリア料理?!Blue Nile

ガーディアンの記事にもなっていました。タイトルもまさに、皆が抱くものになっています。

Is the Blue Nile, TripAdvisor’s ‘best’ restaurant in London, really that good?

そうなんです、Woolwich Arsenalという、ここめがけて訪れることはまずなさそうな所の、
メガテスコのそばにこじんまりと佇むカフェ・レストランですが、
何と去年、あのトリップアドバイザーのロンドンのレストランのランキングで
トップに輝いたこともあるという、謎のお店です。

さらに、アフリカ人の知人も絶賛していた所なんです。

でも・・・

エリトリア料理って…どんなん?

 

そもそも、エリトリアってどこ?という人も多いはず。
エリトリアは、この店名が示すように、ブルーナイル(青ナイル)が流れる
アフリカ大陸北東部にある国です。エチオピアの隣ですね。

 

いやいや、青ナイルって?と思う方もいらっしゃるはず。

 

地理専攻であれば必ず覚えたあの青ナイル・白ナイルの青ナイルです。
こんなところで役に立つとは・・・大学受験侮れない。

エジプトを流れるイメージが強いナイル川ですが、そのナイル川を辿っていくと
ナイル川は二つの支流に分かれます。そのうち、エチオピアの方を流れる水の澄んだ綺麗な方が青ナイルです。
(白ナイルは、砂や堆積物の影響で白く濁って見える川だからだったと思います)

 

もっとも、エリトリアは青ナイルが通っていないような気もしますが…

 

 

Anyway,予想もつかないエリトリア料理、試してみるしかないでしょう!

 

とってもシンプルな外観。

photo 1 (1)

 

よく見るとItalian & Eritrean と書いています。

photo 2 (2)

 

エリトリアはかつてイタリアの植民地であったことから、
イタリアの文化も入っているのだとか。

photo 4

内装はシンプルでオシャレ

photo 3

ガーディアンの記事を読むと、もともとは肉屋だったところを改築し
当時のままのタイル貼りが活かされている壁です。

photo 1

ラザニアも好物なので食べたいところですが、ここはエリトリアのものにして。
紅茶もエリトリア紅茶!カルダモンやシナモンなどのスパイスがたくさん入った
チャイのような感じの紅茶でした。

そして奥に見えるinjeraというパンケーキのようなクレープのようなもの。

これは、少し酸味のある食事用のクレープ生地といったもの。クレープよりは厚みがあって
少しスポンジっぽいふわっとした様子。この上にちょこっとシチューを乗せて
injeraを手でちぎりながら、シチューをすくって食べるというスタイルです。

 

photo 2

 

初めてでおろおろしている我々にオーナーのおばあさんが丁寧に教えてくれました。
ていうか、シチューが絶品!
我々は二人で、ビーフ・チキン・野菜(Lentil)にしましたがどれもスパイシーでやみつきです。
(スパイシーでないものも選べます)
エクストラの injeraもサービスしてもらいました。

これ、どうやって作るのか知りたいなーと思うぐらい、絶妙な辛さで美味でした。

 

ロンドンは、インターナショナルな料理が手軽に味わえるのは知っていましたが

まさかエリトリア料理に出会えるとは!

しかも、うちの近所で!

 

 

うちはここから徒歩数分のところなんで、また訪れてみようと思います。
デザートも豊富に用意されていましたし… :)
最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ