Tag Archives: パスタ

P1020081

Honeymoon 5日目③ ~ヴァチカン観光③~

こんにちは!

 

ヴァチカン美術館を出ると、次に行かなければいけないのは何と言っても

サン・ピエトロ大聖堂

ですが・・・・

vatican

↑この円形の部分に沿って、数えきれないほどの行列が・・・

 

しかも真夏の炎天下…

 

とてもじゃないけど、並ぶ気力などなかったので、この日は諦めました。
次の日の朝に行こうと決めて(ホテルがちょうどヴァチカンから近かったので、ね)

P1020056

でも、この衛兵さんは見なきゃいけないでしょ。
ミケランジェロデザインのキテレツな衣装を身に纏った、スイス人の衛兵さん達。
いくらピエロのように見えようとも、歴史と伝統のあるこの地で職に就けるのはやはり素晴らしい。
(ほめてんのかけなしてんのかよくわからなくなった)

 

P1020058

そして、サンタンジェロ城を通りすぎ、橋を渡って・・・

P1020063

ナヴォ―ナ広場。

P1020065

ベルニーニの彫刻に感動した後は、ローマに来たら毎回行っているジョリッティ P1020068

P1020067

ジェラートの老舗です。私はシャンパン味と言う大人な味で。さっぱりして美味しい!

P1020076

そしてゴージャスなコンドッティ通りを抜けて

P1020079

 

スペイン広場へ。

 

最後はそこからメトロに乗ってコロッセオへ。

P1020081

 

「取りあえずD君に観せとかなー」的な感覚でさくさくと巡りましたが、
ローマはとにかくどの建物も規模がデカいので感動が薄れがちになります。
そしてこんな場所に実際に来ているんだという感覚も薄れがちになります。

でも感動していないと言うわけじゃなく、感動しすぎてよくわからない感覚と言うか
現実味がないんでしょう。これらの遺跡や建築物、芸術品を実際に目の前にしていると言う
実感がなかなか湧かないのです。すごすぎて。

 

4回来てもそうなので、きっと何度行ってもそうなんでしょう。

 

思い起こせば、ロンドンだって6年も住んだのに、
毎日ビッグベンを見ることに、現実味がずっとなかったな。
慣れないと言うか、いい意味で。

 

だからこそ、きっとこれからもずっと、何度でも訪れたくなるのでしょう。
私にとってヨーロッパはそういうところです。

 

こんな感じで日が高いうちに、さっさと周ったローマ観光ですが
真夏のローマは石畳に照り付ける日差しも相まってとにかく暑い!
ので、この後はホテルで一休み(昼寝)。そして夜にまた繰り出す、という方法にしました。

 

 

ちなみに、ローマでのおススメレストランは、こちらで記事にしております。生パスタに感動し、日本のパスタが食べられなくなった運命的なレストランの数々です。是非ご覧ください :)

ローマ&ヴァチカン観光に便利な「生パスタ」が自慢のレストラン

P1020061

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

FullSizeRender (6)

Honeymoon 4日目 ~ローマへ移動~

こんにちは!

私たちの旅行、4日目は次の国へ移動です。

次は・・・Italy!イタリアです。私は4度目なんですが
D君にとっては初めて!そして地中海を周るにあたって外せない国なので
再び行ってまいりました!

ニースからローマへの移動は、スペイン系の飛行機で。
私たちの便は夕方の便でしたので、朝から昼過ぎまでは
ニースでのんびり。

 

その中でテンション上がったのがコチラ。
旧市街で見つけたもの

P1010872

100gで2.7ユーロの、量り売りフローズンヨーグルト。
ロンドンでも大人気のフローズンヨーグルト、ニースでも人気でした!

P1010871

ビュッフェとか量り売りとか大好きな我々。折角なので試してみることに。
ソフトクリームの機械と同じやつ。味はプレーンやイチゴ、パイナップルや
マンゴーなど何種類もありました。

P1010870

 

トッピングもたくさんあります。フレッシュフルーツがあるのが嬉しいですね。
ソースなどもあります。

P1010869

 

そしてこんな感じ。二人合わせて14ユーロ超。(約2000円)たかっ!笑

P1010873

外でこんな風に食べることができます。うん、おいしかったー。

 

そしてその後、ニース空港より無事にローマに到着。
ニース空港は市街地から近くて便利でした。
ローマへは無事には到着したんですが、荷物が出てくるのが遅いこと遅いこと。
いきなりイタリアの洗礼を受けました。でも荷物が出てきさえすれば文句は言いません。

 

そしてローマからは電車でホテルの近くまで。
ホテルはバチカン市国の裏っかわにしましたが、
着いたのが10時ぐらいで、辺りが暗くてなかなかたどり着けず。。。

 

それでも何とか到着し、その後遅い夕食をとってこの日は終了。
荷物が出てくるのが遅いのがイタリア風であれば
レストランのクローズ時間も遅いのがイタリア。

おかげで、時間を気にすることなく近くのレストランで食事が出来ました :)

バチカン周辺は、そりゃもう世界屈指の観光地なだけあって
観光客向けのお店もあるんですが、
バチカンの北~西にかけては、なかなかローカルな感じです。
そんなバチカンから見て西にあるレストランでは、地元のお客さんで
溢れていました。

FullSizeRender (7)

 

D君が頼んだピザ。盛りすぎ!!

FullSizeRender (6)

そして私が頼んだトマトソースのパスタ。
イタリアではスパゲッティが主流ではなく、ソースに合わせて
色々なパスタがあります。これは中にミンチ肉が詰まっていました。
この時すでにもうイタリアの虜になった我々。

 

こんな味音痴の私たち二人が、違いを見抜けるほど
日本やイギリスのパスタと全然違う!!
もっちもちの生パスタが濃厚なトマトソース良く絡んで美味☆
一度味わってしまったらもう、乾燥パスタは食べられません!!
 

そしてその後、24時間オープンのカルフールで買い物。
カルフールはフランス系ですが、結構イタリアに進出していました。
前に来た時は全然見なかったのになーすごい!

 

FullSizeRender (6)

ここで、みんな大好きnutellaのお菓子?軽食?が。
旅行中にもスナックとして食べたり、
お土産にも持ち帰ったりしました。やっぱnutella美味しい!

 

 

そんなこんなで夜が更けていったローマ初日の夜でした。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ