Tag Archives: フィレンツェ

P1020332

Honeymoon 9日目 ~フィレンツェ観光~

こんにちは!

フィレンツェ3日目は、まず中央市場へ行ってお土産を物色P1020254

 

日本人多し!日本の店もあったり、黒猫さんで送れるサービスがあったり。
実はこのすぐ近くのレストランに行きたくて、それ目当てで行ったのですが

夏季休業、、、ちーん。

 

ということで、お腹もすきすぎていたので
近くの適当なお店で食事をしましたが

 

明らかに観光客狙いのレストランは、やっぱり美味しくない!!

 

ニースでも実感しましたが、やはりどこでもそうでした。
と、言うわけで旅行の際は、観光客目当ての大きなレストランは避けてくださいね!

 

 

 

そしてその後は、言わずと知れたサンタ・マリア・デル・フィオーレを見下ろせる
ジョットの鐘楼へ。

 

P1020260

 

 

P1020262

 

昔は、チケットがそれぞれ別だったので混乱しましたが
今は共通チケットで10ユーロになっていました。
10ユーロで鐘楼にも、ドゥオモにも上れます。
でも、どちらも階段がきついから正直どっちかでいいよ・・・

 

と思ってしまいますが、このチケットは1日券ではなく24時間券でした。

 

つまり、前日の夕方に購入してどちらかにのぼり、
翌日の午前中にもう片方にのぼる、という手も使えます。

 

私たちは、ドゥオモの方のあまりの行列に、断念。
私のフィレンツェ歴4回のうち、鐘楼3回、ドゥオモ1回と
鐘楼が勝っています。やっぱり写真にドゥオモ自体を入れたくなりますよね。

 

 

 

ちなみに、ドゥオモの方は、のぼっている途中にドゥオモ内側に描かれた絵が
間近で見えるという特典がありますので、こちらもおススメっちゃあおススメです。

 

 

 

そして11月にはこの教会のすぐ近くに美術館が新しくできるようで、
出来たらこの10ユーロ券でその美術館にも入れるようです。お得ですね!

 

 

そしてこの日はフィレンツェ最後の夜でしたので

 

ミケランジェロ広場へ。広場へはバスで行きました。

P1020270

P1020276

刻一刻と変わる景色にうっとり。

P1020278

夕陽が美しかったです。そしてそれが反射するアルノ川の水面もキラキラして美しい・・・。

 

P1020288

広場から徒歩でおりると、どこからともなくシャボン玉が…

 

 

そして夕食はそのままSt Niccolo エリアで。

ホテルのスタッフにおすすめのレストランを聞くと
絶対にこのエリアがいい!ということでしたので。

 

私もこのエリアは初体験でしたが、
地元客が集まる、アットホームなエリアでした。

P1020313

 

P1020309
パンが見えないぐらいふんだんにトマトとチーズがのったブルスケッタ。

P1020310
ピザ!

P1020311
カルツォーネ!

なぜかめっちゃ待たされたけど、その分サービスしてくれて
特別急いでなかったので、得した気分でのんびり歩いてホテルまで帰りました。

P1020332
ライトアップされたポンテヴェッキオ

 

 

 

どこをとってもピクチャレスクな美しいフィレンツェでした。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

FullSizeRender (20)

Honeymoon 8日目 ~フィレンツェでのんびり街歩き~

こんにちは!フィレンツェ8日目は、のんびりDayです。

 

なぜなら、

 

天気が良くなかったのと、

 

 

洗濯をしなければいけなかったから。

 

 

3週間の旅行ですが、もちろん3週間とも同じ服は着れないわけで。
(スーツケースの容量的に)
どこかで洗濯をしなければいけません。

そして、私たちが泊まるホテルはそんなゴージャスなホテルでもないので、
洗濯は基本コインランドリーで。
ここ、フィレンツェはかなり街中にあり、
使用している外国人(私たち含む)も多かったです。

 

イタリアのコインランドリー、自販機がかなりサギっぽく
コインを吸い取ったりして旅行者困惑。
(吸い取るつもりはなくても、単に壊れてたり
うまく動かなかったりで結局吸い取る、いかにもイタリアらしい適当さ)

 

私たちが入ると、外国人カップルが色々教えてくれました。
そう、彼らはすでにお金を吸い取られた人達でした。

例えば、洗濯機と乾燥機を使用するには、専用のコインみたいなのが必要なのですが
それが5ユーロとして。2枚あればいいんですね。洗濯機と乾燥機で1枚ずつで。

自販機でお金をコインに替えます。
で、その自販機に20ユーロ紙幣を入れると
コインが4枚出てくる、と。

 

お釣りでるんちゃうんかい!4枚も要らんわ!

みたいに、そのカップルはなってしまっていて。
ここでしか使えないコインに10ユーロってのもねぇ。

 

で、そこに私たちが来たので、彼らの2枚のコインを10ユーロで買って
事なきを得ました。知らずに私も20ユーロ入れてたら大変!

 

そして、洗剤は1ユーロで買えると自販機にあったので
1ユーロ入れて、洗剤のボタンをぽちっと押すと・・・
押すと同時にそのカップルが

 

「あ!押しちゃダメ!!」

 

 

と言ったのですが、時すでに遅し。押してしまい。

 

出てきたのは、

 

 

 

おっきなビニール袋・・・

 

 

 

洗濯ものを入れられる大きな袋なんですが。。。いらねー。

 

 

そのカップルたちもこうやって洗剤を買おうとして袋が手に入る
謎の自販機に騙されたので、忠告してくれようとしたんです。

 

 

で、洗剤は?

 

 

 

と、おろおろしていたら、隣にいた別のカップルが
洗剤を持ってたので貸してくれました♪

 

コインランドリーを使用しようと思っている方は
使いきりパックになっている洗剤を持っていくといいと思います。

 

 

 

そうして、洗濯~乾燥をしている間に天気も少し回復してきたので、この日はのんびり街歩き。

 

 

のんびり目的もなく歩く方が実際楽しかったりしますね。

 

 

フィレンツェで面白かったのは、
FullSizeRender (21)

 

標識
FullSizeRender (11)

 

FullSizeRender (19)

これ、ラクガキアートの一種で非公認だとは思うのですが
至る所に様々な標識になっていて私は15個ぐらい写真におさめました。

 

でも、ネタバレになったらあかんのでここでは全部は披露しません。
気になる方はフィレンツェへ♪
FullSizeRender (23)

街歩きでは、市場で革製品を物色したり。

これまで、なんか胡散臭そうで近寄ってなかったですが

良くみるとなかなかいいものも。店舗と同じようなものでも少し安いし。

 

FullSizeRender (10)

このお店は可愛い雑貨が。特にVespa製品が多くて
元Vespaライダーとしては外せないお店でした。

 

 

そして夜。ご飯も食べた後だったので9時ぐらいだったとは思います。

 

 

このお姉さんのパフォーマンス
FullSizeRender (1)

FullSizeRender (5)

なんとオペラ!しかもめっちゃうまい!!!

マイクも無しで響き渡っていました。すごーい!!

FullSizeRender (3)

 

 

 

 

と、感動しながらホテルまでの道を歩いていると…

 

 

 

FullSizeRender (20)
今度はオーケストラ!!!

 

 

夏のイタリアは、夜に楽しめるイベントが沢山でした。
昼間は暑いので、室内でのんびりして夜になるとわらわらと
外に出てくるのは、地中海あたりの国々はどこも一緒ですね。

 

冬はもう少し夜が閑散とすると思いますので
こうやって夜、出歩きやすい夏はなかなかおススメのシーズンかもしれません。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

P1020169

Honeymoon 7日目③ ~ウフィッツィ美術館~

こんにちは!ちょっと風邪を引いて元気をなくしておりました!
ほぼ完治したので、記事の続きを~

フィレンツェ観光で外せないのは、やはり何と言っても

ウフィッツィ美術館

ですよね~

 

こちらも、フィレンツェに訪れるたびに行っているので、4回目?飽きないなぁ。
ただ、今回は新たな発見も。

 

 

それは予約についてです。

 

ローマのヴァチカン同様、すさまじい数の人が並ぶ美術館ですので
事前予約がおすすめです。

 

ただ、ヴァチカンより予約が厳しいのがコチラ。

 

まず、オフィシャルの予約サイトに行ってみると

 

外部サイトに飛ばされ、なんか不安になる感じ。ここに委託してるとかそういうことだろうとは
思うのですが・・・。
でもまぁ、仕方ないのでこのサイトで予約を進めていきます。

 

ウフィッツィ美術館では、入場時間まで指定されますので、必ず遅れないようにいかなければいけません。けっこうきびしー。

 

そしてもっと厳しいのは

チケットは絶対にプリントアウトして持ってくること、

そうじゃないと入れてあげないよ

と、めっちゃ言われることです。

 

まぁ、実際受付まで行って、あらプリントしていなかったわなどという観光客が
多かったからなんでしょうが。

 

 

 

かくいう私もその一人で、前回(2012年)訪れたときは
プリントアウトしていきながらも、関係ないページだけを持参し、
肝心な、チケットが印刷されたページをホテルに忘れてくるという失態を犯し

 

半泣きで、iPadの画面を見せて通してもらったのです。

 

 

そういうことしてるから、厳しく書かれるようになったのね、スミマセン。

 

 

と、言うわけで今回はしっかりプリントアウトして行ったので問題なかったのですが
もし忘れた場合どうなるのかはわかりませんので、忘れずに行ってください。
そして事前予約サイトは何だかヴァチカンに比べても割高な気がしました。
でも、並ぶのはどうしても避けたいのでこれも仕方なく。

 

 

 

そんなこんなで日曜日の夕方にin。

 

ガイドツアーは頼んでなかったのですが、様々な国のツアー客たちがいる中の鑑賞でした。
ヴァチカンでも触れた気がしますが、こここそ東西の違いがはっきり出ていました。
東洋人(日中韓)はとにかく有名と言われているものの写真をパシャパシャ。

私も美術の知識が長けているわけでは決してないのですが

「ミケランジェロの部屋」に入って
「え、どれがミケランジェロ?これも?」と、
全くもってミケランジェロじゃない作品に向かって話している日本人を観たときは
少し情けなくなりました。

 

有名なものは確かに本当に美しいので、そちらを観るのはもちろんなのですが
それ以外の絵画や彫刻にも、面白さが存分にあるのでもう少し注視してほしい。
ミケランジェロだからすごい絵、なんじゃなくて、自分なりにすごい絵・素敵な絵を
見つけてほしいなと切に思います。

 

そしてある中国人の男性は、写真を撮るのに夢中になるあまり、
後ろにあった(それよりは有名でない)彫刻にリュックがふれてしまい
スタッフのおばちゃんがイタリア語でめっちゃ怒るも
「はいはい」的な態度で交わしていて、それも悲しくなりました。

 

一方、ガイドツアーが飛ばすような作品の前に
佇んでいるのは必ずと言っていいほど西洋人。

 

この違いが色々物語っていると思いましたが、愚痴ばっかりになるので触れずにおきます。

 

 

と偉そうに言いつつ、私の大好きな絵ベスト3は

P1020171
ミケランジェロ

P1020158
ダ・ヴィンチ

P1020220
ラファエロ

 

という、ザ・ルネサンスなんですけどね(汗
(ボッティチェリは好みじゃないので省略)

 

 

 

もちろんこれらは押さえつつ、今回は廊下にある彫刻や
外国人作家のコーナーにあったオランダ絵画に興味津々になったりと
これまでの3回とはまた違った楽しみ方が出来ました。

 

ウフィッツィ美術館とかヴァチカン美術館のような大きな美術館になると
行くたびに、違ったところに焦点を当てて楽しめるので本当に飽きません。

 

因みに、ウフィッツィ美術館も写真が撮れます。

 

一番のスポットはしかし、外の風景と言う・・・

P1020169

ポンテヴェッキオが最高に美しく見えるところなんですよね。

 

 

 

フィレンツェ散策はまだまだ続きます!!

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

P1020248

Honeymoon 7日目② ~フィレンツェ散策~

こんにちは!

 

フィレンツェに着いたら、さっそくホテルに荷物を置いて観光のスタートです。

 

実は、この後行くウフィッツィ美術館の予約を直前にしたので
この日の夕方しか取れませんでした。ご予約はお早めに・・・(予約についての詳細は次の記事で!)

 

フィレンツェも、イタリアに来るたびに毎回訪れているのですが
行くレストランなどは全て直前に調べる始末。

P1020122

P1020123

wifを使うのに最適なカフェがここでした!
アイスラテ(カプチーノアイス)も、日本では当たり前でも
ヨーロッパでは珍しい!ということでオーダーしてネット検索。ポチポチ。

 

でも、結局ネットで出てくる情報より、実際に歩いたほうが色々発見できるんですよね
(と言いながら、色々海外の場所を紹介するブログと言う矛盾…)

 

 

Anyway,

今回はドゥオモのすぐそばで新しいお店を発見!
その名も

MAGNUM Firenze

FullSizeRender (14)
マグナムは、ヨーロッパで売られている、チョコがコーティングされたアイスバーです。

 

FullSizeRender (32)
このフィレンツェはマグナムバーの棒で出来ていました!
FullSizeRender (29)
店内がとにかくマグナムだらけでおしゃれ!

FullSizeRender (30)
ライトもチョコっぽい!

こんな店内じゃ・・・

P1020132

FullSizeRender (31)

FullSizeRender (17)

 

少年も踊りだしてしまいます♪

マグナムカフェの詳細はこちらのページで詳しく解説していますので、
良ければご覧ください♪

FullSizeRender (15)

 

そして、この日のディナーは FUOCO MATTO というピザ屋さんで。
ホテルに近かったのですが、Tripadvisorの評価があまりにも良かったので行ってみました。     

P1020248

ここが大正解!!!
こちらのレストランについてはこの記事で♪

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村