Tag Archives: 引っ越し

イギリスから日本への引っ越し

お久しぶりです!

ハネムーン真っ只中!しかも本日は誕生日だと言うのに
ブログを更新している私です。

ハネムーン中、1度も更新していないのに!よりによって今日!!

私たちは今、シチリア島のカターニアに居ますが、
祝日後の日曜日とあって、閉まっているお店が多いことと、
午前中は天気がすぐれなかったこととで
近くのコーナーショップでドリンクを買ってホテルでのんびり、ということになっています。

もう少ししたらまた出かける予定ですが、D君は隣ですやすやお昼寝(最近の日課)をしていますので
いつになることやら・・・。

それはともかく、表題の事ですが
引っ越し業者は結局やっぱり猫のところにしました。

他のところでは、見積もりを取ってもらわないといけなく、
時間的にタイトだったこと、
猫のところにあった「単身プラン」というのが良さそうだったことが決め手です。

ただ、やっぱり事務の人は少し変だったと思います。
明らかに日本人の名前ですが、日本人じゃないのかな?という日本語の通じなさ。
ただ、話し方はやはり、日本人なので更に疑問が増しました。
しかも声からの判断ですが、若いバイトの子、って感じでもない。
でもイギリスに住んでるとこういう日本人もよく出会ったような気もします。

Anyway,通常の引っ越しプランと違い、この単身プランと言うのは
書類作成と荷物のつめこみを自分たちで行う代わりに
安めの設定になっているというもの。

単身じゃなくて複身(造語)でしたが申し込めました。

申し込むと、すぐに業者さんが段ボールを持ってきてくれ、
それに詰めていきます。

プランは箱の数によって3つの価格帯に分かれます。
自分たちの荷物がどんだけかわからないのでとりあえず一番大きなサイズで注文しました。
複身やし。

実際に詰めていくと、結構はいるはいる。
正直、一番大きなサイズじゃなくても良かった気もしますが
中サイズを大サイズの値段の違いを考えると
大きい方でいっかーーー、ということで
そのまま、(実際は持って帰る必要性が低かったものも)詰めました。
FullSizeRender (5)

 

じゃん!これが荷物の一部です。
これらが届く日本の家のことなど微塵も考えていない量!ははは

 

私たちは当初のプランからそのままでしたが、箱が余ればその分差し引いて計算してくれます。
そして引っ越し当日も、担当者が家まで来て全て運び出してくれます。
これで引っ越し完了!!

家具付きの家に住んでいたので、送ったのはほとんど衣服や書籍です。
特に本は、洋書は日本では手に入れにくくなるし割高になると思ったので
事前に思いつく限りアマゾンで購入していました。
本を読むのが遅い私ですので、読み切れるか不安です。

また要らない服や自分たちで購入した棚などの家具は
全てチャリティーに持って行ってもらいました。

車を持っていない私達でしたので、全て家に取りに来てくれて助かりました。

更に、チャリティーでも引き受けられないものは、
フラットにあるごみ置き場(カードキーで入るフラット住人専用)のそばに
「自由に持って行って!」と張り紙をして置いておいたら
翌日には綺麗になくなっていました!

これにて煩わしかったと思えた引っ越しもすべて完了!

私たちはどちらも仕事を辞めたので、二人一緒に作業できたので
楽だったかもしれません。これが単身赴任の駐在員の方とかでしたら
ちょっと面倒くさいかなと思います。
ま、でも詰めるのと簡単な書類作成だけですけどね。

イギリスから日本への引っ越しを予定されている方で
単身や私たちのように2人の場合はお得なプランでおススメです!

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

引っ越しの準備~フラット解約~

こんにちは!

さて、我々は日本への本帰国まで1か月を切りました。

そこで先日、フラットの解約の手続きをしました。
ロンドンのフラット契約は、大家さんと個人的に(直接)やり取りをするところもあれば
間にエージェントを介すところも。

ただ、シェアじゃなくフラットを丸々借りる場合は
エージェントが入るところが多いです。

 

私たちもそう。エージェントに連絡しました。

 

そもそも、もっと長く借りるつもりでいたので
解約料も発生したんですが、まぁ仕方ないです。

 

更に、次の借り手が見つからなければ
見つかるまでの間、賃料を払わなければいけないと言う…

 

で、ドキドキしましたが

 

 

 

あっさり次の借り手が決まりました!!!

 

見学に来た最初の人たちが即決してくれました。

 

次に入るのは、イタリアorスペイン人の女の子3人。シェアするようです。
うち、2ベッドルームフラットなんですが…
多分メイン寝室に2人で寝るのかなー?

実際、ロンドンは本当に家賃が高いので、シェアじゃないとなかなか住めないのが事実。

 

とにもかくにも、すぐに決まってよかったです。

私たちの部屋はこんな感じ(引っ越す前に見納めとして貼っておきます)
IMG_0690

 

IMG_0688

もちろん、荷物等で少し変わっていますので
出ていくときにこの状態に戻さないと・・・。

こちらの家具は全て備え付けなので、その辺は引っ越し作業が楽になりそうです。
とは言え6年分の荷物…D君に至っては10年分…大丈夫かな。

 

 

次は引っ越し業者の選別です。
あのネコのところにメールで問い合わせしてみたんですが
なかなか返事が来ないので、○通さんに変えようか悩み中です。
日系は3つほどあるらしいのですが、どれがいいのか悩みます・・・。

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ