Tag Archives: 新婚旅行

FullSizeRender (10)

Honeymoon 18日目 ~アテネで時間つぶし~

こんにちは!

 

さて、アテネ散策です。

 

 

ただ、はっきり言ってアテネに関してはノープランもいいとこ。

 

まったく調べてもないし、かと言ってアクロポリスに行くのはしんどいなーーー
(暑いし、夕方までに港に行かないといけないし間に合うかなーー)と考えて避け、
結局街を少しぶらつくことに。

 

 

ギリシャ文字に苦戦し、なんの情報もないためどこが中心地かもわからないまま取りあえず地下鉄。
FullSizeRender (1)

 

地下鉄が思いのほかキレイ!!

 

あれ、ギリシャって経済状況最悪じゃなかったっけ?と不思議に思うほど。
ピカピカに光っていてゴミひとつ落ちていなかったです。

 

 

 

でも、電車の方はどうもうまく言っていないのか
電車の駅員さんが「地下鉄で行った方がいいよ」とアドバイスする始末。

 

 

そして、私たちのホテル最寄りの駅には今問題になっている

 

 

 

難民

 

 

がいました。なんだか複雑な気分・・・

 

 

 

 

Anyway,適当なショッピングモールに入ったのですが
人っ子一人いないがらんどうな状態で
それはそれは心配になりながら、カフェでランチ。

 

FullSizeRender (9)

ランチ(クラブサンドセット)なのにデフォルトでワインがサーブされるという。
いかにも地中海といった具合。

 

 

 

 

 

そしてフェリーに乗って一路約4時間。

 

 

 

 

向かった先は・・・

 

 

 

シロス島

 

 

え?

 

 

 

どこ?

 

 

 

 

 

と、お思いのアナタ、正解です。

 

 

 

私も知りませんでした。

 

 

そもそも、ギリシャのエーゲ海の離島♡とか言っても、
数えきれないほど島はあるわけで。

 

だったら、サントリーニとかミコノスとか
余りにも観光地化しているところに行くより
マイナーな所に行った方がのんびりできそうじゃない?という考えで選びました。

 

 

そして、アテネから近いこと、ということでミコノスの手前にあったこの島へ。

 

 

 

 

 

 

着いてみると・・・・

 

 

 

 

 

 

着いて5分で気に入りました!!!!!!

 

 

 

 

 

 

もう、とにかく可愛すぎてファンタジー?メルヘン?の世界!!!

 

 

 

 

着いた頃には夜ご飯の時間でしたので、

 

適当なレストランへ。

 

FullSizeRender (10)

オシャレなつき出し。オリーブとパンのディスプレイがすごい

 

 

FullSizeRender

 

ギリシャバーガーなるものを頼んでみました。ギリシャ料理の大事な材料、
フェタチーズがたっぷり乗って、さっぱり美味しいバーガーでした。おすすめ!

 

 

FullSizeRender (2)

大満足したので・・・

FullSizeRender (11)

シートにラクガキして帰りました(紙の使い捨てシートの部分に)

 

 

 
この先数日間は、シロス島の美しさに感動しながらものんびり過ごすことになります。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

P1020081

Honeymoon 5日目③ ~ヴァチカン観光③~

こんにちは!

 

ヴァチカン美術館を出ると、次に行かなければいけないのは何と言っても

サン・ピエトロ大聖堂

ですが・・・・

vatican

↑この円形の部分に沿って、数えきれないほどの行列が・・・

 

しかも真夏の炎天下…

 

とてもじゃないけど、並ぶ気力などなかったので、この日は諦めました。
次の日の朝に行こうと決めて(ホテルがちょうどヴァチカンから近かったので、ね)

P1020056

でも、この衛兵さんは見なきゃいけないでしょ。
ミケランジェロデザインのキテレツな衣装を身に纏った、スイス人の衛兵さん達。
いくらピエロのように見えようとも、歴史と伝統のあるこの地で職に就けるのはやはり素晴らしい。
(ほめてんのかけなしてんのかよくわからなくなった)

 

P1020058

そして、サンタンジェロ城を通りすぎ、橋を渡って・・・

P1020063

ナヴォ―ナ広場。

P1020065

ベルニーニの彫刻に感動した後は、ローマに来たら毎回行っているジョリッティ P1020068

P1020067

ジェラートの老舗です。私はシャンパン味と言う大人な味で。さっぱりして美味しい!

P1020076

そしてゴージャスなコンドッティ通りを抜けて

P1020079

 

スペイン広場へ。

 

最後はそこからメトロに乗ってコロッセオへ。

P1020081

 

「取りあえずD君に観せとかなー」的な感覚でさくさくと巡りましたが、
ローマはとにかくどの建物も規模がデカいので感動が薄れがちになります。
そしてこんな場所に実際に来ているんだという感覚も薄れがちになります。

でも感動していないと言うわけじゃなく、感動しすぎてよくわからない感覚と言うか
現実味がないんでしょう。これらの遺跡や建築物、芸術品を実際に目の前にしていると言う
実感がなかなか湧かないのです。すごすぎて。

 

4回来てもそうなので、きっと何度行ってもそうなんでしょう。

 

思い起こせば、ロンドンだって6年も住んだのに、
毎日ビッグベンを見ることに、現実味がずっとなかったな。
慣れないと言うか、いい意味で。

 

だからこそ、きっとこれからもずっと、何度でも訪れたくなるのでしょう。
私にとってヨーロッパはそういうところです。

 

こんな感じで日が高いうちに、さっさと周ったローマ観光ですが
真夏のローマは石畳に照り付ける日差しも相まってとにかく暑い!
ので、この後はホテルで一休み(昼寝)。そして夜にまた繰り出す、という方法にしました。

 

 

ちなみに、ローマでのおススメレストランは、こちらで記事にしております。生パスタに感動し、日本のパスタが食べられなくなった運命的なレストランの数々です。是非ご覧ください :)

ローマ&ヴァチカン観光に便利な「生パスタ」が自慢のレストラン

P1020061

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

FullSizeRender (16)

Honeymoon 5日目 ~ヴァチカン観光①~

こんばんは!
シルバーウィークも終わっちゃいましたね!

 

さて、旅行記の続きですが、ローマ2日目。
P1010905

やっぱりここは見ておかないと!のヴァチカンです。
ヴァチカン美術館へは事前予約がマストです。
フィレンツェの美術館などに比べてここは予約が簡単で、チャージなどもほぼ無いので
なぜ未だに予約をせずに炎天下の中並んでいる人々がいたのか不思議・・・

 

皆様も、必ず予約をしてから行ってくださいね。旅行会社などを通さなくても
自分で簡単に予約可能です!
予約はコチラから

ガイドツアー不要な場合はADMISSION TICKETSをクリックして
とんだページのSELECT YOUR TYPE OF TOUR のなかで
VACITAN MUSEUMS AND SISTINE CHAPELを。(もう一つはランチ付きのコース)
その後は指示に従って行けば買えます!で、その予約したチケットのコピーを持って
窓口で魅せるとすぐに入れます。
ヴァチカンは、VATICAN MUSEUMSとSがついている通り
複数の美術館で成り立っています。
今回はD君が初めてということもあり、最初からじっくりと。
FullSizeRender (27)

最初の方は、彫刻品を集めたエリアが続きます。
FullSizeRender (20)

FullSizeRender (21)

中庭からはドゥオモがばっちりみられる穴場スポット!
FullSizeRender (16)

実はすごい彫刻品の数々なのに
殆どの人はスルー。
P1010908

というわけで、かなりじっくりと落ち着いて見られました。
P1010922

P1010918

P1010916

ヴァチカンと言えば、ラファエロの間やシスティーナ礼拝堂がメインなので
最初の方はスルーしがちな人が多く、ガイドツアーでもそうなんですが
じっくり見てみるとやっぱりすごすぎます。

ヨーロッパにいると、こういうものが当たり前のように見えますが
日本で考えるとエライことですよね。

紀元前にこんなものが・・・

 

そして地図の間
克明な地図のタペストリーや地球儀が回廊に飾られています。
地図好きには垂涎の場所。

昔のイタリアと
FullSizeRender (24)

 

今のイタリア
FullSizeRender (26)

 

 

なんじゃこりゃ。
FullSizeRender (25)

 

ということで、メインではないけれど他の街にあれば
完全にエース級の美術館群です。

 

 

まだまだ続きます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

P1010725

Honeymoon 3日目② ~ニース観光~

こんにちは!

さて、ニースの主な観光です。
こちらは、昼間のマセナ広場
P1010846
夏の昼間はがらーーーんとしています。
(ただ、夜になると家族連れなどが増え、子どもが安心して遊べる場となります)

P1010849

そして広場を超えると、あの有名な遊歩道プロムナード・デ・ザングレです。P1010724

P1010903

ヤシの木が南国の情緒を醸し出しています。いいですね~。
そして、遊歩道の東端にある展望台からはかの有名なこの景色。
P1010725

展望台にはエレベーターで行けますが、この日は壊れてて、階段で…。
ヒーヒー言いながら登りましたが、この景色のためなら!
そして、横では5歳ぐらいの小さい子供もしっかりのぼっていましたので
文句言わずに上りました。

そのまま東に歩いていくと白亜の美しい慰霊碑。
P1010894

そして美しい十字架。
P1010893

歩くだけでいい気分になれる遊歩道です。

このまま歩いていくと旧港にたどり着きます。
ここではクルーズ船やボートが揃います。
P1010882

そして海岸に昼過ぎに来るとこんな感じ。
上の写真と比べて、海水浴のお客さんが増えています。
P1010900

私たちはここでは海に入らなかったのですが、
ニースの海岸は、意外にも(?)小石の海岸でさらっさらの白浜ではありません。
そして、海に入ると割とすぐに深くなるので、あまり子供向きではありません。

東の方には飛び込み台というか、使われなくなった建物の枠組みに登って
海に飛び込む少年たちが楽しそうにしていました。

中には遊歩道から飛び込むクレイジーな若者も!
遊歩道を歩いていたら、目の前で飛び込んだので
驚いたのなんのって。ゆうに10mはあったと思います。こわーーー

しかも、周りはごつごつの岩!こわーーーー

 

絶対にマネしないようにしてくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

Honeymoon 2日目 ~鷲の巣村エズ~

おはようございます :)

さて、ニースの観光2日目ですが
この日は、活動的にエズの村とモナコに日帰り旅行に行こうと決めていました。

まずはエズの村ですが、コチラはまるで鷲の巣のように、山肌にはりつくように
作られた小さな集落です。

Eze is a commune of the Alpes-Maritimes département, in France, not far from the town of Nice. Eze village, dans les Alpes maritimes

こんな感じ!すごいですよね!!

ここへは、ツアーもありますが自分たちで公共機関を使っても行けます。
電車もありますが、エズの駅からこの村まではめちゃめちゃ歩いて登らないといけないため、
バスで行くのがおススメです。バスはニースから30分ほどで到着します。

バス自体は1時間に1本ほどと、あまり頻繁ではありませんので
逃さないようにしなきゃいけません。私たちも20分ほど前にはバス停で待ってました。
(バスは出発時間ぎりぎりに来てましたが)

 

景色がとにかくすごいので、村につく前のバスで坂を上るところからワクワクがとまりません。

 

そして村に着くと・・・正直何を見ればいいのかなーなどと最初は思っていたのですが
ここは、村全体がアート!

どこをとってもピクチャレスクで、シャッターを切る回数が多くなったこと!
と、言うわけでいくつか写真を。

P1010788

観光コースは、バス停(村の下の方)から、上に見える黄色い建物(時計塔)を目指して
とにかく階段を上っていきます。

 

ところどころにアートショップやレストランが
こじんまりとオープンしています。

P1010744

 

石造りと緑が美しい街並み(村並み?)です。

P1010747

P1010763

保存状態がかなり良く、まるで映画のセットのようです。P1010764

村の景色もすごいのですが、振り返ると、エズと同じように山肌に出来た他の集落や
コートダジュールの碧い海岸を臨むこともできます。

P1010779

P1010769

 

こちらが目印となった黄色い時計塔

 

そしてここで昼食を取ったのですが
エズには、村の規模から考えると割と大き目なレストランが
下のバス停近くや、絶景スポットにいくつもあります。

 

が、私たちが行ったのは、いかにも「家庭の料理です」的な
民家?で経営されていたようなところ。

P1010754

おじさんがサーブして、キッチンで奥さんがお料理をしていました。
通路のスキマのようなところで食べると言う経験。
(席は限定2テーブル4席)

P1010755

私はニコラスサラダ

P1010756

D君はオムレットを。

めちゃシンプルなんですが、特にオムレットはD君いわくNiceなどで
食べたもののなかでもピカイチだったとか。

前日の夜に、いかにも観光客向けのレストランで
あまりいい食事に出会えなかったので、こんな謎めくレストラン?おうち?で
食べましたが、大正解でした!

村の中間ぐらいだったのですが、詳しい場所もわかりませんし
看板も見逃しやすい(店の前にはなく、少し離れたところにメニュー表がある)ので
見つけた場合は是非訪れてください!おススメです。

そんなこんなでエズの観光は終了です。
多分2時間ぐらいの滞在でした。ここで有名な、頂上にある植物園にはいかず。
(植物よりも、ここからの景色目当てに皆さん入っているようでした)
私は村そのものの景色に感激しました。

その後、モナコへ移動しました~こちらも公共のバスで行けます。

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

Honeymoon 1日目 ~ニース観光①~

こんにちは!

 

前回の記事で、荷物の遅延について書きましたが
気持ちはもやっとしつつも、割り切って
夕方からのニース観光を少し楽しみました。

 

私たちのホテルは、駅間近の超便利ホテル。

 

後からググってわかったんですが、駅付近は治安的には
微妙ですので、出来れば海岸沿いのホテルが良かったらしいです。

 

ただ、私たちは電車を使う予定がありましたので、便利でよかったです。

 

確かに、駅に近づくと、海岸沿いとは少し雰囲気が変わりますが
大通りを歩いている限りは問題なさそうでした。

 

 

というかニース、めちゃ治安良さそう!

 

 

夏だったと言うのもあるかもしれませんが、
夜遅くでも小さい子連れのファミリーが外をうろつけるほどです。

 

日本に居たら、え、それって当たり前?とも思われますが、

 

海外ではそういうわけにはいきません。

 

でもニースは夜でも、というかリゾート地全般ですが
昼は暑いので活動している人が少なく、陽が落ちた夜9時以降ぐらいから
活気が出てきます。

 

そんなわけで、駅前のホテルからビーチ方面に向かって大通りを歩きます。

 

駅から海岸まで続く目抜き通りJean Medecin通りを南下すると
右手に見えてくるのがノートルダム寺院
P1010639

 

パリのあのノートルダム寺院と同じ大きなゴシック様式の教会です。
P1010642

 

中のヴォールト天井も素敵。
P1010645

日本と同じように暑く、リゾート客でごった返すニースですが、
一歩教会に足を踏み入れるとひんやりとした静かな空間が広がります。
この、外と隔離されたような空間が割と好きで
忙しい旅行中にほっと一息入れられる感じがします。

 

そしてマセナ広場。もう夕暮れ近くになっていますので少し暗い画像ですが
ニースを代表する広場です。

画像にある柱の上に正座している像が気になる・・・
P1010656

 

そしてニースの遊歩道
P1010670

海岸から、沈む夕日は見られませんが、刻々と変わっていく空の色が美しいビーチP1010663

そして旧市街のサレヤ広場で夜ご飯。
P1010673

レストランが多く集まる旧市街の中でも
このサレヤ広場は、レストランが密集するエリアなのですが、

個人的な感想としては、

ここはあまりにも観光客向け過ぎて

味もイマイチでしたので、おススメしません!

食事は、旧市街のもっと込み入った路地にあるような
レストランがおススメです。

そして、よくわからないまま綺麗だったので撮りましたが

Caserne Ruscaの時計塔。旧市街の裁判所前にありました。

P1010677

 

そんなこんなで1日目終了です。

 

次はエズ・モナコです!!

 

 

 

外国人と交流できる新しいSNSの招待はこちらから↓お友達になってくださいね!
https://www.tsu.co/Akimaru

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

Honeymoon 1日目 ~波乱の到着~

こんばんは!9月ですね!

 

私の8月はもっぱら海外をウロウロしておりました。
そしてやっと日本到着。
と、言うことで色々あったNilsens’ honeymoonについて綴っていきたいと思います。

 

まずは、出発編!

 

 

我々Nilsens, Londonから地中海沿いを地味に日本へ近づくプランにしました。

 

最初の目的地はニース!ロンドンから空港で約2時間で到着します。

 

私たちは、お気に入りのCity Airportからの出国にしました。
City空港は、ロンドンの空港の中でもマイナー・・・もとい、小さ目の空港で
その名の通り、Cityへのアクセスが良いことからビジネスマン向けの空港でも。
小さいので、チェックイン諸々がスムーズ!

ヒースローは本当に色々時間がかかりますので、ね。

 

私たちは家を引き渡してそのまま旅行に出るので
時間に余裕が持てる午後発のフライトで行きました。

 

 

しかし、予定時間になってもなかなかBoardingが始まらない。

 

 

ちなみに航空会社はBA(British Airways)

 

30分ほど遅れて乗り込むも、中でもざわつく…

 

 

荷物について揉めている様子。入れる場所がないとかなんとか…

 

 

ということで、1時間ほど遅れてしゅっぱーつ。

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

道中は問題なく、2時間ほどのフライトでしたが
サンドイッチが出てきたり、サービスは良かったです。

 

 

 

 

そして到着!!!

 

ニースの空港はそんなに大きくない上に、人もそんなに多くないので
簡単に荷物を取るところまでたどり着けます。

 

そして荷物を待つ…

 

 

 

 

待つ…

 

 

 

 

 

 

待つ…

 

 

 

 

 

 

 

はい、荷物が来ませんでした (汗

 

 

 

 

 

これまで、なかなか旅はしてきたほうですが、ロストラゲッジは初めて。
結構動揺しましたが、気になった点は

 

同じく動揺している人たちが何人も!

 

 

すぐ近くにスタッフがいたので手続きをしたのですが
スタッフも慣れたもんです。あっさりと

「荷物はまだロンドンにあるから明日の到着になります」

と。

 

え・・・・・そんなーーーーーー

 

 

どうやら、最初にBoardingが遅れたのも、中で荷物で揉めていたのも
重さに関係していたとか何とかで、
全ての荷物が運べなかった?らしい…

 

でも、そんなことってあるんでしょうか?

だって、各荷物には重さ制限もありますし
乗ってた客が全て相撲取りレベルだったわけでもなく、子どもも沢山いたのに??

 

そんなギリギリで運行しているのか??といまだに謎です。

 

 

でも、私の荷物だけならまだしも、他にも何人も困っている人がいて
なんだかなーという印象でした。

 

これってBAのせい?空港のせい?
ニースの空港のスタッフに怒っても仕方がないことだけはわかるので
何か悶々と。

今東京オリンピック関連のニュースを見ていたら
皆が責任転嫁をしていて、誰に怒っていいのかわかりませんが
まさにそんな感じ。責任の所在がどこにあるのかよーわからん!

はっ、もしかしてそれが狙いなのかも…。

 

そんなこんなでHoneymoonの初日から荷物がない私。

 

次の日も同じ服で観光に行く羽目になりました。

 

 

でもこんなことでせっかくのハネムーンを台無しにしても仕方ないし
割り切って楽しむことにしました。

 

因みに荷物は次の日にしっかりとホテルまで届けてくれましたので、
まあこれも良い経験ということです。

 

 

 

 

 

と、いうことで続きは次の記事で!

外国人と交流できる新しいSNSの招待はこちらから↓お友達になってくださいね!
https://www.tsu.co/Akimaru

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

The Nilsens’ honeymoon~計画編①~

おはようございます :)
さて、最近我々の周りは俄かに忙しくなってきています。

何故なら…そう、

ハネムーン

の準備が始まってきたからです。

 

みなさんは、どうやってハネムーンの行き先を決めました?

 

私たちは、結婚してから1年以上経っていますが、まだハネムーンに行っていなくて
そろそろ行かないと…
幸い、ちゃんとビザ関係もクリアになったので、好きな所に行ける!
と、言うことでこの夏行くことにしました!

 

行き先は、

 

地中海

 

と、ざっくりとした感じ。

 

私は南米とかもいいなーと思ってたんですが、
イギリスから、地中海沿岸を周って日本に行くコースがいいなということで

地中海

 

やっぱりざっくり。

 

この後は、ネットと格闘して
2人であーでもない、こーでもないと言いながら行き先を決めていきます。

 

まずは航空券をskyscannerやmomondoで見ながら、どこが時間的・価格的にいいかなーと調べ…

 

って、パッケージじゃないのかって?

 

 

 

 

ハイ、ちがいます。

 

これぞ、Nilsen的、

普通の旅行じゃないのソレ?と思う様なハネムーン

 

ラグジュアリーなホテル!とかでもない、めちゃ普通のホテルやし…

で、半日ネットとにらめっこして行き先が決まりました!

行くのは フランス・モナコ・イタリア・マルタ・ギリシャ の5か国!

期間は3週間

とは言え、5か国のうち、2か国(マルタ・モナコ)はミニ国家ですが。

3週間も取れるのは今だけだろうし!
(でも、その後ニート予定なのは内緒)

 

基本的に、一都市に長く滞在したいタイプなのですが
行きたいところも多く、3週間で8都市ぐらい周るのでなかなか忙しい…。

イタリアのバーリから、クロアチア・ドブロヴニグにフェリーで行ったり…とかも考えましたが、
コスパが悪かったので却下!
ギリシャも、サントリーニ島をはじめとする、ザ・観光アイランドは避けて、マイナーアイランドに行ってみます!

 

そして、その後はギリシャのアテネからトルコ経由で日本まで!
驚くことなかれ、これは本帰国です!!!

と、言うわけで残り少ないイギリス滞在と・ハネムーンリサーチの記事が
しばらく続きます☆

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ