Tag Archives: 海外旅行

P1020081

Honeymoon 5日目③ ~ヴァチカン観光③~

こんにちは!

 

ヴァチカン美術館を出ると、次に行かなければいけないのは何と言っても

サン・ピエトロ大聖堂

ですが・・・・

vatican

↑この円形の部分に沿って、数えきれないほどの行列が・・・

 

しかも真夏の炎天下…

 

とてもじゃないけど、並ぶ気力などなかったので、この日は諦めました。
次の日の朝に行こうと決めて(ホテルがちょうどヴァチカンから近かったので、ね)

P1020056

でも、この衛兵さんは見なきゃいけないでしょ。
ミケランジェロデザインのキテレツな衣装を身に纏った、スイス人の衛兵さん達。
いくらピエロのように見えようとも、歴史と伝統のあるこの地で職に就けるのはやはり素晴らしい。
(ほめてんのかけなしてんのかよくわからなくなった)

 

P1020058

そして、サンタンジェロ城を通りすぎ、橋を渡って・・・

P1020063

ナヴォ―ナ広場。

P1020065

ベルニーニの彫刻に感動した後は、ローマに来たら毎回行っているジョリッティ P1020068

P1020067

ジェラートの老舗です。私はシャンパン味と言う大人な味で。さっぱりして美味しい!

P1020076

そしてゴージャスなコンドッティ通りを抜けて

P1020079

 

スペイン広場へ。

 

最後はそこからメトロに乗ってコロッセオへ。

P1020081

 

「取りあえずD君に観せとかなー」的な感覚でさくさくと巡りましたが、
ローマはとにかくどの建物も規模がデカいので感動が薄れがちになります。
そしてこんな場所に実際に来ているんだという感覚も薄れがちになります。

でも感動していないと言うわけじゃなく、感動しすぎてよくわからない感覚と言うか
現実味がないんでしょう。これらの遺跡や建築物、芸術品を実際に目の前にしていると言う
実感がなかなか湧かないのです。すごすぎて。

 

4回来てもそうなので、きっと何度行ってもそうなんでしょう。

 

思い起こせば、ロンドンだって6年も住んだのに、
毎日ビッグベンを見ることに、現実味がずっとなかったな。
慣れないと言うか、いい意味で。

 

だからこそ、きっとこれからもずっと、何度でも訪れたくなるのでしょう。
私にとってヨーロッパはそういうところです。

 

こんな感じで日が高いうちに、さっさと周ったローマ観光ですが
真夏のローマは石畳に照り付ける日差しも相まってとにかく暑い!
ので、この後はホテルで一休み(昼寝)。そして夜にまた繰り出す、という方法にしました。

 

 

ちなみに、ローマでのおススメレストランは、こちらで記事にしております。生パスタに感動し、日本のパスタが食べられなくなった運命的なレストランの数々です。是非ご覧ください :)

ローマ&ヴァチカン観光に便利な「生パスタ」が自慢のレストラン

P1020061

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

P1010725

Honeymoon 3日目② ~ニース観光~

こんにちは!

さて、ニースの主な観光です。
こちらは、昼間のマセナ広場
P1010846
夏の昼間はがらーーーんとしています。
(ただ、夜になると家族連れなどが増え、子どもが安心して遊べる場となります)

P1010849

そして広場を超えると、あの有名な遊歩道プロムナード・デ・ザングレです。P1010724

P1010903

ヤシの木が南国の情緒を醸し出しています。いいですね~。
そして、遊歩道の東端にある展望台からはかの有名なこの景色。
P1010725

展望台にはエレベーターで行けますが、この日は壊れてて、階段で…。
ヒーヒー言いながら登りましたが、この景色のためなら!
そして、横では5歳ぐらいの小さい子供もしっかりのぼっていましたので
文句言わずに上りました。

そのまま東に歩いていくと白亜の美しい慰霊碑。
P1010894

そして美しい十字架。
P1010893

歩くだけでいい気分になれる遊歩道です。

このまま歩いていくと旧港にたどり着きます。
ここではクルーズ船やボートが揃います。
P1010882

そして海岸に昼過ぎに来るとこんな感じ。
上の写真と比べて、海水浴のお客さんが増えています。
P1010900

私たちはここでは海に入らなかったのですが、
ニースの海岸は、意外にも(?)小石の海岸でさらっさらの白浜ではありません。
そして、海に入ると割とすぐに深くなるので、あまり子供向きではありません。

東の方には飛び込み台というか、使われなくなった建物の枠組みに登って
海に飛び込む少年たちが楽しそうにしていました。

中には遊歩道から飛び込むクレイジーな若者も!
遊歩道を歩いていたら、目の前で飛び込んだので
驚いたのなんのって。ゆうに10mはあったと思います。こわーーー

しかも、周りはごつごつの岩!こわーーーー

 

絶対にマネしないようにしてくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ