Tag Archives: 美術館

P1020169

Honeymoon 7日目③ ~ウフィッツィ美術館~

こんにちは!ちょっと風邪を引いて元気をなくしておりました!
ほぼ完治したので、記事の続きを~

フィレンツェ観光で外せないのは、やはり何と言っても

ウフィッツィ美術館

ですよね~

 

こちらも、フィレンツェに訪れるたびに行っているので、4回目?飽きないなぁ。
ただ、今回は新たな発見も。

 

 

それは予約についてです。

 

ローマのヴァチカン同様、すさまじい数の人が並ぶ美術館ですので
事前予約がおすすめです。

 

ただ、ヴァチカンより予約が厳しいのがコチラ。

 

まず、オフィシャルの予約サイトに行ってみると

 

外部サイトに飛ばされ、なんか不安になる感じ。ここに委託してるとかそういうことだろうとは
思うのですが・・・。
でもまぁ、仕方ないのでこのサイトで予約を進めていきます。

 

ウフィッツィ美術館では、入場時間まで指定されますので、必ず遅れないようにいかなければいけません。けっこうきびしー。

 

そしてもっと厳しいのは

チケットは絶対にプリントアウトして持ってくること、

そうじゃないと入れてあげないよ

と、めっちゃ言われることです。

 

まぁ、実際受付まで行って、あらプリントしていなかったわなどという観光客が
多かったからなんでしょうが。

 

 

 

かくいう私もその一人で、前回(2012年)訪れたときは
プリントアウトしていきながらも、関係ないページだけを持参し、
肝心な、チケットが印刷されたページをホテルに忘れてくるという失態を犯し

 

半泣きで、iPadの画面を見せて通してもらったのです。

 

 

そういうことしてるから、厳しく書かれるようになったのね、スミマセン。

 

 

と、言うわけで今回はしっかりプリントアウトして行ったので問題なかったのですが
もし忘れた場合どうなるのかはわかりませんので、忘れずに行ってください。
そして事前予約サイトは何だかヴァチカンに比べても割高な気がしました。
でも、並ぶのはどうしても避けたいのでこれも仕方なく。

 

 

 

そんなこんなで日曜日の夕方にin。

 

ガイドツアーは頼んでなかったのですが、様々な国のツアー客たちがいる中の鑑賞でした。
ヴァチカンでも触れた気がしますが、こここそ東西の違いがはっきり出ていました。
東洋人(日中韓)はとにかく有名と言われているものの写真をパシャパシャ。

私も美術の知識が長けているわけでは決してないのですが

「ミケランジェロの部屋」に入って
「え、どれがミケランジェロ?これも?」と、
全くもってミケランジェロじゃない作品に向かって話している日本人を観たときは
少し情けなくなりました。

 

有名なものは確かに本当に美しいので、そちらを観るのはもちろんなのですが
それ以外の絵画や彫刻にも、面白さが存分にあるのでもう少し注視してほしい。
ミケランジェロだからすごい絵、なんじゃなくて、自分なりにすごい絵・素敵な絵を
見つけてほしいなと切に思います。

 

そしてある中国人の男性は、写真を撮るのに夢中になるあまり、
後ろにあった(それよりは有名でない)彫刻にリュックがふれてしまい
スタッフのおばちゃんがイタリア語でめっちゃ怒るも
「はいはい」的な態度で交わしていて、それも悲しくなりました。

 

一方、ガイドツアーが飛ばすような作品の前に
佇んでいるのは必ずと言っていいほど西洋人。

 

この違いが色々物語っていると思いましたが、愚痴ばっかりになるので触れずにおきます。

 

 

と偉そうに言いつつ、私の大好きな絵ベスト3は

P1020171
ミケランジェロ

P1020158
ダ・ヴィンチ

P1020220
ラファエロ

 

という、ザ・ルネサンスなんですけどね(汗
(ボッティチェリは好みじゃないので省略)

 

 

 

もちろんこれらは押さえつつ、今回は廊下にある彫刻や
外国人作家のコーナーにあったオランダ絵画に興味津々になったりと
これまでの3回とはまた違った楽しみ方が出来ました。

 

ウフィッツィ美術館とかヴァチカン美術館のような大きな美術館になると
行くたびに、違ったところに焦点を当てて楽しめるので本当に飽きません。

 

因みに、ウフィッツィ美術館も写真が撮れます。

 

一番のスポットはしかし、外の風景と言う・・・

P1020169

ポンテヴェッキオが最高に美しく見えるところなんですよね。

 

 

 

フィレンツェ散策はまだまだ続きます!!

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

P1010952

Honeymoon 5日目② ~ヴァチカン観光②~

こんにちは!ヴァチカン美術館の続きです。

ヴァチカンは超有名なラファエロだミケランジェロだ以外にも
素晴らしいものが沢山。

マリア像。中世っぽいこの感じ。いいねぇ。
P1010938

昔はこのルネサンスより前です的な色合いはあまり好きではなかったのですが
最近はこういうのもいいなと思うようになってきました。
P1010945

 

 

D君がクリスチャンだっていうこともあって
P1010940

今までよりこういったものも興味深く観ることが出来ました。
P1010942

これは前の記事にも書いた地図の間
ここは天井も圧巻です。
P1010932

これ、絵がかわいらしくておもわずパチリ。
P1010944

そしていよいよ…
P1010955

ラファエロの間です。

実は一度ここを通りすぎ、出口に行ってしまったために
システィーナ礼拝堂も見てからまた入口に戻り、
結果美術館を2周し、2週目でたどり着きました。
この美術館、一方通行やし私ここ4回目やねんけど
初めて迷いました。

 

そしてやっと見られた傑作。
P1010952

美術館のチケットに印刷されてるこのアテナイの学堂は
やはりこの美術館群の中で一番人気。
その向かいがこの聖体の論議なのですが
みんなここに背を向けて、アテナイの学堂を写真で撮りまくる。
P1010951

これ、実はアジア人の特徴で、D君も目を丸くしてました。

ヨーロッパの人はどっちが有名かどうかに関わらず
じっくりと鑑賞する傾向があります。

 

 

そしてボルゴ火災の間。ここも有名。躍動感が違います。
P1010953

 

というか、ここはシスティーナ礼拝堂の
ミケランジェロ作、最後の審判以外は写真がOK。
太っ腹です。でも、やっぱり写真で見るのと実際に見るのとでは
まったく違います。
でもやっぱり写真に撮りたくなるんですよね♪
そして最後はミケランジェロ設計によるらせん階段(いや、スロープ)を
下って終わります。
P1010958

P1010959

この彫刻を改めてみて、すごいなーと感嘆。

 

今回は彫刻に始まり、彫刻に終わったような美術館観光でした。

 

所要時間は・・・3時間!疲れた!まぁ2周したしね。
それでも、全部はじっくりと見きれていません。すごいところだ。ヴァチカン。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

FullSizeRender (16)

Honeymoon 5日目 ~ヴァチカン観光①~

こんばんは!
シルバーウィークも終わっちゃいましたね!

 

さて、旅行記の続きですが、ローマ2日目。
P1010905

やっぱりここは見ておかないと!のヴァチカンです。
ヴァチカン美術館へは事前予約がマストです。
フィレンツェの美術館などに比べてここは予約が簡単で、チャージなどもほぼ無いので
なぜ未だに予約をせずに炎天下の中並んでいる人々がいたのか不思議・・・

 

皆様も、必ず予約をしてから行ってくださいね。旅行会社などを通さなくても
自分で簡単に予約可能です!
予約はコチラから

ガイドツアー不要な場合はADMISSION TICKETSをクリックして
とんだページのSELECT YOUR TYPE OF TOUR のなかで
VACITAN MUSEUMS AND SISTINE CHAPELを。(もう一つはランチ付きのコース)
その後は指示に従って行けば買えます!で、その予約したチケットのコピーを持って
窓口で魅せるとすぐに入れます。
ヴァチカンは、VATICAN MUSEUMSとSがついている通り
複数の美術館で成り立っています。
今回はD君が初めてということもあり、最初からじっくりと。
FullSizeRender (27)

最初の方は、彫刻品を集めたエリアが続きます。
FullSizeRender (20)

FullSizeRender (21)

中庭からはドゥオモがばっちりみられる穴場スポット!
FullSizeRender (16)

実はすごい彫刻品の数々なのに
殆どの人はスルー。
P1010908

というわけで、かなりじっくりと落ち着いて見られました。
P1010922

P1010918

P1010916

ヴァチカンと言えば、ラファエロの間やシスティーナ礼拝堂がメインなので
最初の方はスルーしがちな人が多く、ガイドツアーでもそうなんですが
じっくり見てみるとやっぱりすごすぎます。

ヨーロッパにいると、こういうものが当たり前のように見えますが
日本で考えるとエライことですよね。

紀元前にこんなものが・・・

 

そして地図の間
克明な地図のタペストリーや地球儀が回廊に飾られています。
地図好きには垂涎の場所。

昔のイタリアと
FullSizeRender (24)

 

今のイタリア
FullSizeRender (26)

 

 

なんじゃこりゃ。
FullSizeRender (25)

 

ということで、メインではないけれど他の街にあれば
完全にエース級の美術館群です。

 

 

まだまだ続きます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ