Tag Archives: google

Mothers-Day-Flowers

Mother’s Day

mothers-day-2015-uk-ie-ng-5724938912661504_2-hp
本日は、母の日!
Googleも母の日仕様になっています。

イギリスでは、バレンタインやら母の日やらにはよく花を贈ります。
普通のスーパーにも花束が溢れるのは、
そして、その溢れてた花束がすぐに売れてすっからかんになるのを見るのは

毎年微笑ましいです。

日本ではカーネーションが定番ですが、こちらではそういった定番はなく
カラフルなものが多い印象です。

母の日と言えば、最近ネットで人気のこの動画。

おそらく、働くママを元気づけたり応援したりする動画で
感動する人が多いんですかね?

自分に子供がいないからなのかとも考えますが、
それを抜きにしても、私はなんか「怖ッ」って思った点が
3点ほどありました。

1 ママたちの名前・職業が出ているところで
○○●●さん (株)●× みたいなもの。

これは、海外に住んでいるととても異様な感じに見えます。
海外だと、 ○○○○さん バンクマネージャー とか
○○●●さん ITコンサルタント とか
肩書が重要なのであって、会社名などほとんど出てきません。

2 「おかえり~」と言っているのがほぼ女性陣

何か、女性が頑張ってます!感がでていて、男性はリードされっぱなし。
他の社員さんが出しているアイディアが当たり前すぎる=そんなことも今の社会ではできていない。

3 そもそもママに頑張れって…

これが一番の違和感なんですが、妊婦さんはまだしも、子供が生まれてからは
Paternity leaveもあるこっちの考え方としては
ほぼママ「だけ」に「がんばれ」と言うのが非常に違和感です。
しかもすでにめちゃくちゃ頑張っているでしょうし・・・

ママを応援しているように見せながら
育児=ママのもの と定義しているように見えて怖かったです。

明らかに、イギリスと見比べても、イギリスのママたちは
日本に比べて大変そうには見えないんです。
見えないだけで、実際は大変なのだとしたら
ものすごい人達ですけどね。

日本のママたちは、ベビーカーも満足に押せない環境や
子どもが泣くと突き刺さる周囲からの視線なんかに脅え
申し訳ない気持ちで日々を過ごしているように思いますが

それはママが悪いんでも、子供が悪いんでもないし。
どうして周りの人たちがもっと子供に優しくなれないのか。

そう考えると、次に突き当たるのは

「日本人、色々余裕なさすぎ」

と言うことになります。気持ちに余裕が無いと人間、優しくなれません。
イギリスでは、日本ほど全てが完璧ではない=自分も完璧でなくても良い
みたいないいのか悪いのかわからない考えが浸透しているようです。

人と同じである必要もないし、そう思うだけで肩の力がふっと抜けるのがイギリス。

ママの子育て云々の前に、変わるべきものは社会全体ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ