Tag Archives: Sacrée fleur

教えたくない絶品レストラン

パリについて初日のディナーはここ

P1010098

Sacrée fleur 

(Webサイトはコチラ

です。タイトルで「教えたくない!」と言いつつ
トリップアドバイザーで探して、ランキングが高かったお店なので、超有名店なんですけどね。

そのトリップアドバイザーの口コミを見ると、「予約必須!」とあったので
事前に予約しました。そうすると、確かに予約でいっぱいで希望の日は取れず。
ただ、第二希望の日にち(初日)で取れました!

予約は早めがおススメです。
(私は1~2週間前に連絡しましたが、平日にもかかわらず予約でいっぱいでしたので)

予約はWebにあるメールアドレスに問い合わせの形でできます。
すぐに返事も来て、reliableな感じでしたよ。もちろん英語でOKです。

 

店内は全部で20席ほどの決して大きいとは言えません。隣の人とも席が近く、
かなりギリギリに20席作った感じ。

その中を2人のウェイターさんが所狭しと動いています。
2人とも英語対応OKで、とても気遣いのできる親切で素敵な方達でした。
全てのお客さんにしっかり目を行き届かせていました。素晴らしい!
おかげでずーっと気持ちよく食事が出来ました。

そんな肝心のお食事ですが
昼ご飯が遅かったのもあり、あまりお腹が空いていなかったので前菜はパス。

 

これはフランスでは絶対出てくるお通し代わりのパン。うまー。

P1010099

ステーキ好きのD君はいつもフィレステーキなのでここでも
2人そろってフィレステーキを。200 gで26€でした。
これには、再度のポテトと、ブルーチーズ・シャロット・ペッパーの3種類のソースがついてきます。

 

どん!
P1010103

つやつやのお肉!

P1010104

 

こちらはサイドのポテト。これは2人前。

 

評判がいいだけあって、お肉はこれでもかというほど柔らかく
文句のつけようがないほど美味しかったです。
26€は、パリでは決して高い値段ではありませんが、きっとどんな高級店にも負けないだろう味
(高級店をほとんど経験してない私が言う説得力の無さがアレですが…)
お肉本来の味をうまく封じ込めた、というステーキとして最高の焼き加減!

ソースも、どれも美味しかったのですが、私は少しピリッとしたペッパーが良かったです。

 

そして、店内にあった可愛らしいボード。

photo 1 (2)

Wifiは無いんです。その代わり、あなたの目の前に座っている相手との
会話に集中してね :) と書いてあります。
こういう風に書かれると、Wifi繋がらないのか!むきー!となることもないですね :)

P1010106

外には行列もできていましたので、外観の写真は屋根のみ。この牛さんのマークがトレードマークです。

 

パリ、特にモンマルトルエリアにお越しの際は
絶対訪れてほしい、超おススメのレストランです!

住所:50 rue de Clignancourt, 75018 Paris

最後まで読んでいただきありがとうございましたsmiley
このブログはランキングに参加しています!
一日1クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ